« 『君の名は』この映画を見て! | トップページ

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』映画鑑賞日記

Photo  ディズニーがルーカスフィルムを買収して製作したスターウォーズシリーズ7作目。監督に」「SUPER 8/スーパーエイト」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作を2年おきに公開するとのことで、「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」から約30年後を舞台にしています。
 個人的にスターウォーズシリーズはオリジナル・トリロジー旧三部作) は大好きですが、プリクエル・トリロジー新三部作) はいまいちだったので、今回のジョージルーカスが製作にかかわっていないシークエル・トリロジーは公開されるまで期待と不安が入り混じっていました。ただ、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズのキャストが再登場するということで、どのような続編になるのか、とても興味がありました。
 公開初日に映画館で鑑賞したのですが、結果としては微妙でした。確かに旧シリーズのキャラクターやメカが登場すると懐かしく、画面にくぎ付けになりました。
 しかし、今シリーズから登場するキャラクターに魅力が薄く、特に悪役のカイロ・レンがヘタレで、自暴自棄になるわ、主人公にライトセーバーで負けそうになるわで、ある意味びっくり増しました。続編以降でカイロ・レンは成長してダースベーダーのような悪役になるのかもしれませんが、悪役に魅力が薄いとどうしても盛り上がらないんですよね。
 ストーリーも『エピソード4/新たなる希望』と『エピソード5/帝国の逆襲』に似ていて、後半のクライマックスシーンも、これからこういう展開になるのかなというのが分かってしまい、今一つでした。あと、旧シリーズ最大の魅力あるキャラクターが退場してしまう展開は違う意味で驚きました。ストーリーが平板で、人物描写が弱いので、一番盛り上がる場面として用意していたんでしょうが、個人的にあっけない印象を受けてしまいました。あと、一番許せなかったのはライトセーバーの扱いが軽くなっているところ。ジェダイしか使えないセーバーをあんなに誰も簡単に使えたらいけないと思います。
 いろいろケチをつけてしまいましたが、冒頭のジョンウィリアムズの音楽に合わせて、説明の字が流れていくシーンや砂漠に墜落して朽ち果てたスターデストロイヤーの映像等は鳥肌が立ちました。
 ラストも次回どういう展開になるのかは気にはなってはいるので、エピソード8も公開されたら、きっと劇場に足を運んで見に行くんだろうなと思います。

監督:    J・J・エイブラムス   
製作:    キャスリーン・ケネディ   
    J・J・エイブラムス   
    ブライアン・バーク   
キャラクター創造:    ジョージ・ルーカス   
脚本:    ローレンス・カスダン   
    J・J・エイブラムス   
    マイケル・アーント   
撮影:    ダニエル・ミンデル   
プロダクションデザイン:    リック・カーター   
音楽:    ジョン・ウィリアムズ   
出演:    ハリソン・フォード    ハン・ソロ
    キャリー・フィッシャー    レイア・オーガナ
    アダム・ドライヴァー    カイロ・レン
    デイジー・リドリー    レイ
    ジョン・ボイエガ    フィン
    オスカー・アイザック    ポー・ダメロン
    ルピタ・ニョンゴ    マズ・カナタ
    アンディ・サーキス    最高指導者スノーク

|

« 『君の名は』この映画を見て! | トップページ

スターウォーズ」カテゴリの記事

映画鑑賞日記」カテゴリの記事

近未来・SF映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/64797105

この記事へのトラックバック一覧です: 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』映画鑑賞日記:

« 『君の名は』この映画を見て! | トップページ