« 『借りぐらしのアリエッティ』映画鑑賞日記 | トップページ | 『その男、凶暴につき』この映画を見て! »

『インセプション』この映画を見て!

第298回『インセプション』
Photo_2  今回紹介する作品は『ダークナイト』で大ヒットを収めたクリストファー・ノーラン監督が10年ほど前から構想していた夢を舞台にしたSF超大作『インセプション』です。夢を舞台にした独創的なストーリーとダイナミックな映像は多くの映画ファンを魅了し、アメリカでは3週連続で興行収入1位とヒットを飛ばし、批評家からも大絶賛されています。

 私は劇場ですでに2回鑑賞したのですが、メジャー系のハリウッド映画で久しぶりにクオリティが高い作品でした。始めてみた時は夢が幾層にも重なっている複雑な設定と夢の中で繰り広げられる迫力満点のアクションの連続に圧倒された2時間半でした。2回目はある程度ストーリーが分かった状態で見ているので、監督が随所に仕込んだ伏線の発見や主人公の妻に対する葛藤のドラマをじっくり味わうことが出来ました。

 ストーリー:「他人の夢の中に潜入してアイデアを盗み出していた企業スパイのコブは国際指名手配犯として追われていた。コブはそんなコブにサイトーと名乗る男からライバル会社の御曹司ロバートの潜在意識にアイデアを植え付ける“インセプション”の依頼が舞い込む。コブは難解な依頼であり一度断るものの、成功すれば犯罪歴を抹消して子どもたちと会わせるというサイトーの条件に引き受ける。コブはインセプションを行うための優秀なメンバー探しを行う。一緒に仕事をしてきた相棒のアーサー、“設計士”のアリアドネ、“偽造士”のイームス、“調合師”のユスフ、そしてサイトーを加えたメンバー6人でロバートの夢の中に潜入するのだったが…。」 

 本作品は一見すると複雑かつ難解な話しに思えますが、「夢の中に登場人物たちが入り込めること」と「夢が階層状態になっていること」さえ把握すれば、与えられた困難なミッションを主人公たちが夢の中でどう達成するかという非常に明快なお話しです。
 映画の前半は主人公コブと亡くなった奥さんの関係を描くシーンが長く少し退屈でしたが、中盤以降のインセプションを達成しようと主人公と仲間たちが夢の中で奮闘するシーンはスパイ大作戦や007シリーズを見ているようで手に汗握りました。
 夢が主要な舞台だけに幻想的なシーンも数多く、コブがアリアドネに夢の世界のルールを説明するシーンや道路にいきなり電車が突っ込んでくるシーン、そしてホテルでの無重力でのアクションシーンはいかにも夢ならではといった感じで印象に残りました。アクションシーンもCGに頼らず出来る限り実写で撮影したとのことで迫力満点。特に雪山でのスノーアクションは007シリーズ以上に迫力がありました。

 また、主人公コブが夢から妻を救おうとインセプションして亡くした自責の念から解放されるまでの苦悩や葛藤を丁寧に描いており、人間ドラマとしても見応えがありました。
 映画のラストは観客の解釈に委ねる曖昧なシーンで締めくくられますが、あれが夢にしろ現実にしろ、個人的にはコブにとってはハッピーエンドだと思いたいですね。

 本作品は渡辺謙が主役級で出演していたり、舞台の一部が日本で東京や新幹線でロケされたりところも、日本人としては見所の一つ。渡辺謙もレオナルド・ディカプリオ相手に堂々たる演技を披露していたと思います。日本でのロケは微妙でしたね。冒頭のお城は夢の中なので気になりませんでしたが、新幹線のシーンは現実にあんな個室車両はないので違和感がありました。(実際にあんな個室車両あったらいいなとは思いましたけど。)

 夢を題材にした映画は数多くありますが、ここまで面白く細部まで作りこまれた作品はなかなかありません。今年の夏一番必見の作品だと思います。

上映時間 148分
製作国    アメリカ
製作年度 2010年
監督:クリストファー・ノーラン   
脚本:クリストファー・ノーラン   
撮影:ウォーリー・フィスター   
プロダクションデザイン:ガイ・ヘンドリックス・ディアス   
衣装デザイン:    ジェフリー・カーランド   
編集:リー・スミス   
音楽:ハンス・ジマー   
出演:    レオナルド・ディカプリオ   
    渡辺謙   
    ジョセフ・ゴードン=レヴィット   
    マリオン・コティヤール   
    エレン・ペイジ   
    トム・ハーディ   
    ディリープ・ラオ   
    キリアン・マーフィ   
    トム・ベレンジャー   
    マイケル・ケイン   
    ピート・ポスルスウェイト   
    ルーカス・ハース   
    タルラ・ライリー   
    ティム・ケルハー   
    マイケル・ガストン

|

« 『借りぐらしのアリエッティ』映画鑑賞日記 | トップページ | 『その男、凶暴につき』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

アクション映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

近未来・SF映画」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。しばらくバタバタしていて更新できませんでした。また映画の紹介をドンドンしていくのでよろしくお願いします。

投稿: とろとろ | 2010年8月17日 (火) 07時34分

更新ご苦労様です。
はじめまして。いつも映画紹介楽しみにしてます。
しばらく期間があいていたので心配しておりました。
まだまだ暑いので夏バテ等には気をつけてくださいね。
これからも頑張ってください。

投稿: げん | 2010年8月16日 (月) 02時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/49155892

この記事へのトラックバック一覧です: 『インセプション』この映画を見て!:

» インセプション [映画のメモ帳+α]
インセプション(2010 アメリカ) 原題   INCEPTION 監督   クリストファー・ノーラン 脚本   クリストファー・ノーラン 撮影   ウォーリー・フィスター 音楽   ハンス・ジマー 出演   レオナルド・ディカプリオ 渡辺謙       ジョセフ・ゴードン=レヴィット マリオン・コティヤール       エレン・ペイジ トム・ハーディ キリアン・マーフィ       トム・ベレンジャー マイケル・ケイン 観終わった後でもう一度観たくなる『メメント』、メガ... [続きを読む]

受信: 2010年8月15日 (日) 23時15分

» インセプション、究極の洗脳か脳内逃避か [オヤジの映画の見方]
ターゲットの自意識を操作するために夢の世界に入り込み、本人が全く自分の意識で動いているかのごとく錯覚させその行動を操作する。いわば究極の洗脳だ。しかしあまりに深い夢の世界は一歩間違うと二度と現実世界に戻ってこれなくなる。... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 15時53分

» インセプション [象のロケット]
国際指名手配されているコブは、人の頭の中に侵入し“アイデア”を盗むプロフェッショナル。 しかし今回依頼されたのは“インセプション”(ターゲットの潜在意識に逆にアイデアを植え付ける)という最難関のミッションだった。 コブは故郷アメリカで待つ子どもたちに会いたい一心で仕事を引き受け、最高のメンバーを集めるのだが…。 SFミステリー。 ≪犯罪現場は、お前の頭の中。≫... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 18時10分

» 映画:インセプション [よしなしごと]
 毎日暑いですね~。出かけるのもおっくうなので夏休みでもやっぱりレイトショー。そんなわけで他の書込を見てもすこぶる評判の良いインセプションを観てきました。 [続きを読む]

受信: 2010年8月20日 (金) 07時57分

» インセプション(感想171作目) [別館ヒガシ日記]
インセプションは劇場で鑑賞だが結論は凄かったよ 内容は夢に潜入してアイデア盗むスペシャリストが 「インセプション」不可能に近い仕事を受ける展開だ... [続きを読む]

受信: 2010年8月22日 (日) 10時13分

» インセプション [ケントのたそがれ劇場]
★★★  他人と夢を共有し、潜在意識の中に侵入し、他人のアイデアを盗んだり、夢の中で他人に意識を植え込んでしまう特殊な産業スパイのお話。主演のコブにレオナルド・ディカプリオ、謎の日本人フィクサー・サイトウに渡辺謙というキャスティングが売りである。  夢の中... [続きを読む]

受信: 2010年8月23日 (月) 20時52分

» インセプション [ゴリラも寄り道]
<<ストーリー>>コブ(レオナルド・ディカプリオ)は人が夢を見ている最中に、その潜在意識の奥深くにもぐり込んで相手のアイデアを盗む... [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 00時56分

» インセプション [だらだら無気力ブログ]
『ダークナイト』のクリストファー・ノーラン監督が自ら書き下ろした オリジナル脚本を、レオナルド・ディカプリオ主演で映画化したSF サスペンスアクション映画。 相手の夢の中に入り込み、頭の中にあるアイデアを盗み出す産業スパイの 男が、家族と一緒に暮らすため…... [続きを読む]

受信: 2010年8月25日 (水) 01時18分

» 『インセプション』お薦め映画 [名機ALPS(アルプス)MDプリンタ]
渡辺謙の堂々たる存在感。 人によっては、更に深く深くストーリーを検証し、違う解釈を導き出される方もおられるだろう。 あまり考え過ぎると、作品さながら夢の中でも考え込んでしまうのでご注意を。 観客の頭脳にも挑戦的で、壮大なスケールで描くお薦め脳内アクショ…... [続きを読む]

受信: 2010年8月30日 (月) 10時47分

« 『借りぐらしのアリエッティ』映画鑑賞日記 | トップページ | 『その男、凶暴につき』この映画を見て! »