« 『アウトレイジ』映画鑑賞日記 | トップページ | 中島みゆき10月13日ニューアルバム&夜会DVD発売! »

『告白』この映画を見て!

第297回『告白』
Photo 今回紹介する作品は湊かなえの同名ベストセラーを『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が完全映画化した『告白』です。主演に松たか子、共演に岡田将生や木村佳乃を起用。生徒に子どもを殺された教師の復讐と子どもを殺した生徒の顛末を、ダークな映像と演出で描いていきます。

ストーリー:「ある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで担任の森口先生が突然「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです」と静かに語り始める。担任の衝撃的な告白に騒然とする生徒たち。担任は娘を殺した犯人Aと犯人Bに対して、命の重さを知らしめるための制裁を加えて学校を辞める。その後、事情を知らない熱血教師が新担任としてクラスにやってくる。そんな中、以前と変らぬ様子の犯人Aはクラスでイジメの標的となり、一方の犯人Bはひきこもりとなってしまう。」

 私は原作未読で話しの内容も良くを知らないまま、中島哲也監督の最新作ということで見に行ったのですが、衝撃的な内容と映画としての完成度の高さにスクリーンに釘付けになりました。中島監督の前作『パコと魔法の絵本』はいまいちでしたが、人間の心の闇と命の重さを描ききった本作品はストーリー・演技・演出全てがパーフェクトでした。
 先生の衝撃的な告白から始まる本作品は少年犯罪・殺人・いじめ・学級崩壊・差別・歪んだ親子関係と現代の日本の病みをこれでもかと盛り込み、人間の醜いエゴイズムや悪意そして脆さを真正面から描いています。メジャー系の作品でこのような暗く重い内容を取り上げ、エンターテイメントしても満足のいく作品に作り上げた中島監督は凄いと思いました。
 色彩を抑えた冷たく美しい映像、スローモーションを多用した演出、レディオヘッドやBorisを選曲する音楽センス、子どもたちのリアルな演技、ラストのカタルシスと絶望。中島監督の才能を堪能できる作品です。

 また、主人公の担任教師を演じた松たか子の演技が大変素晴らしく、感情を抑えた演技と爆発させる演技のコントラストが大変印象に残りました。また過保護な母親役を演じる木村佳乃の演技も大変リアルで、真に迫るものがありました。

 私は本作品を主人公が犯人を探す話しだと最初思っていました。しかし、犯人は前半の担任の告白ですぐに分かり、途中からは主人公以外の主要登場人物たちによる告白が次々と描かれていきます。あくまで登場人物たちの主観による告白なので、その告白はどこまでは真実で、どこからが嘘や思い込みか分かりません。客観的な事実はあったとしても、それぞれの人間の主観によって事実は大きく変容する。本作品は悲劇的な事件に関わった人間が事実をどう受け止めて自分なりに処理しようとしたのかを重層的に描き、人間の心の危さや脆さそして繊細さを見る者に痛感させます。

 あと、私は本作品を見て、岩井俊二監督の傑作『リリィ・シュシュのすべて』を思い起こしました。思春期の少年・少女の繊細で不安定な心情をどちらの作品もリアルに描き、見ていて心が痛くなります。

 人の命は軽いのか重たいのか?復讐の連鎖は断ち切れるのか?罪を償うとはどういうことなのか?本作品は見る者に重い問いを投げかけて終わります。私も見終わって悶々とした気持ちの中、答えの簡単に出ない問いをしばらく考え込んでしまいました。

 まだ早いですが、私の中では今年一番の邦画だと思います。ぜひ多くの人に劇場で本作品を鑑賞して、命の重さと人の心の闇について感じて欲しいです。

上映時間 106分
製作国 日本
製作年度 2010年
監督:    中島哲也   
原作:    湊かなえ   
    『告白』(双葉社刊)
脚本:    中島哲也   
CGディレクター:    増尾隆幸   
撮影:    阿藤正一   
    尾澤篤史   
美術:    桑島十和子   
編集:    小池義幸   
主題歌:    レディオヘッド   
    『Last Flowers』
出演:    松たか子   
    木村佳乃   
    岡田将生   
    西井幸人   
    藤原薫   
    橋本愛   
    天見樹力   
    一井直樹   
    伊藤優衣   
    井之脇海   
    岩田宇   
    大倉裕真   
    大迫葵   
    沖高美結   
    加川ゆり   
    柿原未友   
    加藤果林   
    奏音   
    樺澤力也   
    佳代   
    刈谷友衣子   
    草川拓弥   
    倉田伊織   
    栗城亜衣   
    近藤真彩   
    斉藤みのり   
    清水元揮   
    清水尚弥   
    田中雄土   
    中島広稀   
    根本一輝   
    能年玲奈   
    野本ほたる   
    知花   
    古橋美菜   
    前田輝   
    三村和敬   
    三吉彩花   
    山谷花純   
    吉永あゆり   
    新井浩文   
    山口馬木也   
    黒田育世   
    芦田愛菜   
    山田キヌヲ   

|

« 『アウトレイジ』映画鑑賞日記 | トップページ | 中島みゆき10月13日ニューアルバム&夜会DVD発売! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

人間ドラマ映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/48614091

この記事へのトラックバック一覧です: 『告白』この映画を見て!:

» 劇場鑑賞「告白」 [日々“是”精進!]
告白「告白」を鑑賞してきました2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを「嫌われ松子の一生」「パコと魔法の絵本」の中島哲也監督が映画化した戦慄のエンタテイ... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 05時43分

» 映画「告白」(ネタバレ注意) [MAGI☆の日記]
映画「告白」を見てきました。同じシーンを違う視点で繰り返すことによってどうして犯罪が起こったのか、なぜ少年は殺人を犯したのかなどの動機が明らかになっていったので個人的に... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 08時42分

» 告白 [勝手に映画評]
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました(苦笑)。思ったときに読まないとダメですね。 最初の衝撃のセリフの印象から、生徒の中から犯人探しをしていくストーリーと勝手に思っていたのですが、全然違いました。むしろ、名指しはしないものの、少年A/少年Bを知っている人物=クラスメイトであれば、そ... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 15時33分

» 映画「告白」 [またり、すばるくん。]
映画「告白」を観ました。 [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 16時08分

» 告白 (松たか子さん) [yanajun]
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想... [続きを読む]

受信: 2010年6月13日 (日) 22時51分

» 告白 [だらだら無気力ブログ]
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監督..... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 00時58分

» 『告白』お薦め映画 [心をこめて作曲します♪]
★★★★★浅はかさ、狡猾さ、残酷さ、優しさ、親子・友人関係など、生徒たちの行動と内面が浮き彫りになる。同じくらいの子を持つ保護者の方はゾッとするかもしれない。教育熱心な優しいお母様は、息を吐いて吸うのをお忘れなく。それでも是非味わって欲しいこの緊張感。ホ..... [続きを読む]

受信: 2010年6月18日 (金) 00時01分

» 告白 [Akira's VOICE]
命を知るための課外授業。   [続きを読む]

受信: 2010年6月18日 (金) 10時34分

» 告白 [★YUKAの気ままな有閑日記★]
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなくこのクラスの生徒に殺されたのです―」教室内は一瞬にして静まりかえり、この衝撃的な告白から物語は始まっていく―     監督 : 中島... [続きを読む]

受信: 2010年6月21日 (月) 18時20分

« 『アウトレイジ』映画鑑賞日記 | トップページ | 中島みゆき10月13日ニューアルバム&夜会DVD発売! »