« 『みんな~やってるか!』映画鑑賞日記 | トップページ | 『BROTHER』映画鑑賞日記 »

「見終わって気が滅入る映画」私の映画遍歴17

 

 2009年に英エンパイア誌が、「落ち込む映画」ランキングのトップ10を以下の通り発表しています。

1.「レクイエム・フォー・ドリーム」(00)
2.「ひとりぼっちの青春」(69)
3.「リービング・ラスベガス」(95)
4.「道」(54)
5.「21グラム」(03)
6.「火垂るの墓」(88)
7.「ダンサー・イン・ザ・ダーク」(00)
8.「冬の光」(62)
9.「リリア 4-ever」(02)
10.「ミリオンダラー・ベイビー」(04)


そこで今回は私が見終わって気が滅入った映画ベスト5を紹介します。

5位『ミリオンダラー・ベイビー』
Photo  ボクシングジムを経営する老トレーナーとボクサーを目指す女性との交流を描いた本作品。クリント・イーストウッドが主演も兼ねて監督しており、2005年のアカデミー賞で作品賞を始めとして主演女優賞ほか全4部門を受賞するなど公開当時高い評価を得ました。前半は女性ボクサーのサクセスストーリーとして見ていて爽快なのですが、中盤以降は予想外の重苦しい展開となり、賛否両論分かれる結末を迎えます。ラストの主人公の行動に私は気が滅入ってしまいました。 

4位ミスト
Photo_2  スティーブン・キングの同名原作をフランク・ダラボン監督が映画化した本作品。突然原因不明の霧に包まれスーパーマーケットに閉じ込められた人々の様々な姿を描いていきます。映画の中盤の人間同士の争いも醜いですが、原作にはない映画オリジナルの結末がとても後味がとても悪いです。守ろうとしたものを守れず生き残ってしまった主人公の今後を思うと胸が痛みます。

3位『セブン』
Photo_3  デビッド・フィンチャー監督がキリスト教の“7つの大罪”になぞらえた猟奇殺人事件を追う2人の刑事の姿を描いた本作品。終始重苦しい雰囲気が漂う作品です。ラストの結末は救いようがありませんが、人間という生き物について深く考えさせられます。
 

2位『ドッグヴィル』
Dogville  気が滅入る映画を撮ることがお得意のラース・フォン・トリアー監督。英エンパイア誌のランキングでも『ダンサー・イン・ザ・ダーク』が7位に入っていますが、個人的には本作品の方が見終わって落ち込みます。アメリカ・ロッキー山脈の村を舞台にギャングに追われて逃げ込んで来た女性に対して村人が次第に不信を抱いて奴隷のように扱うというストーリーで、人間の愚かさや醜さがこれでもかと描かれています。

1位『ソドムの市』
Photo_4  マルキ・ド・サドの「ソドムの120日」を鬼才・パゾリーニ監督が映像化を試みた本作品。第2次世界大戦末期のナチ占領下の北イタリアを舞台にファシストで権力者の男4人が美少年及び美少女を監禁して極悪非道の限りを尽くすというストーリーで、見ていて目を背けたくなるシーンのオンパレードです。見終わって、しばらく気が滅入ること間違いなしです。

|

« 『みんな~やってるか!』映画鑑賞日記 | トップページ | 『BROTHER』映画鑑賞日記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

私の映画遍歴~映画に関するエッセイ~」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/48317575

この記事へのトラックバック一覧です: 「見終わって気が滅入る映画」私の映画遍歴17:

» 世界一高価なオムレツに関して意見しちゃおう! [女の子GOGO!!のblog]
チワッス!ぴぐもんでっす!曇ってますなぁ〜。梅雨に入るんでしょうかねぇ〜。ところで世界一高価なオムレツって知ってます?ロンドンの高級レストラン「ボイスデール」ってところで出されてるそうなんですが、一食のお値段が135ドル(約1万3000円)だそうです。( [続きを読む]

受信: 2010年5月13日 (木) 20時02分

« 『みんな~やってるか!』映画鑑賞日記 | トップページ | 『BROTHER』映画鑑賞日記 »