« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »

2009年5月3日 - 2009年5月9日

「スティーブン・キング原作の映画」私の映画遍歴15

 私は昔からスティーブン・キングの小説が大好きでした。キングの書く小説はジャンルとしてはホラーが多いですが、サスペンスやファンタジーそして重厚な人間ドラマまで幅広く手がけています。
 キングの小説の特長は何と言っても主人公たちの日常生活や心理描写の緻密さにあります。読んでいると主人公たちの姿が頭の中ではっきりイメージできるので、主人公たちにどっぷり感情移入して手に汗握る物語を楽しむことができます。
 そんなキングの小説は世界中でベストセラーになり、数多く映画やテレビドラマとして映像化されています。キングの小説は一見映像化しやすいようで、緻密な描写のため非常に難しく、今まで映像化された作品も出来に当たり外れがあります。
 そこで今回はキングの小説を映画化した作品で個人的にお薦めできるものを5つ紹介します。

・『キャリー』
Photo  キングのデビュー作をブライアン・デ・パルマ監督が完全映画化した本作品。後半は原作よりスケールはダウンしていますが、単なるホラーでなく主人公の青春ドラマとして見事に映像化しています。オープニングのシャワーシーンからラストのショッキングなシーンまで一瞬たりとも目を離すことができません。

・『シャイニング』
Photo_2  鬼才スタンリー・キューブリック監督が映画化した本作品。キングは原作と展開にかなり不満で、自ら監督を務めてテレビドラマとして撮り直したほどです。しかし、個人的にはキューブリック版の『シャイニング』はホラー映画の傑作だと思います。確かに原作の魅力である後半のドラマチックな展開や主人公たちの心理描写は全て映画では削除されていますが、醸し出す雰囲気の怖さは尋常ではありません。

・『地獄のデビル・トラック 』
Photo_6  キング自らが初監督をした本作品。はっきり言って完成度はB級以下の出来です。原作はそれなりに面白かったのですが、映画は最初から最後まで突っ込みどころ満載。ここまで下らない作品だと逆に笑ってみることができます。ある意味、キングファンに一度は見て欲しい作品です。

・『ミザリー』
Photo_4  キャシー・ベーツがアカデミー主演女優賞を受賞した本作品。彼女の狂気迫る演技が何といっても見所です。監督はかつてキングの『スタンド・バイ・ミー』も映画化したロブ・ライナーが担当。原作をコンパクトにまとめて、緊張感たっぷりの映画に仕上げています。

・『ショーシャンクの空に』
Photo_5  公開当時はあまり目立ちませんでしたが、その後評価がどんどん高まっていた本作品。原作を尊重した作りとなっており、何度見ても感動と勇気を見る者に与えてくれます。監督は本作品で長編デビューして、その後もキングの『グリーン・マイル』、『ミスト』を映画化したフランク・ダラボンが担当。長編1作目でこれだけ完成度の高い作品を作り上げたのはすごいです。ちなみに『グリーン・マイル』、『ミスト』も原作を尊重した作りで秀作ですが、残念ながら本作品の完成度には及びませんね。

【日本で劇場公開されたスティーブン・キング原作の映画一覧】
1408号室 (2007)   
ミスト (2007)    原作    
シークレット ウインドウ (2004)   
ライディング・ザ・ブレット (2004)   
ドリームキャッチャー (2003)
アトランティスのこころ (2001)         
グリーンマイル (1999)         
ゴールデンボーイ (1998)
スティーヴン・キング/ナイトフライヤー (1997)
スティーブン・キング/アーバン・ハーベスト2
スティーヴン・キング/痩せゆく男      
ブロス リターンズ/やつらはふたたび帰ってくる
マングラー (1995)
黙秘 (1995)         
ショーシャンクの空に (1994)   
スティーブン・キング/アーバン・ハーベスト (1994)   
ニードフル・シングス (1993)   
スティーブン・キング/死の収穫
バーチャル・ウォーズ (1992)   
ブロス/やつらはときどき帰ってくる (1991)         
スティーヴン・キング/地下室の悪夢 (1990)   
フロム・ザ・ダークサイド/3つの闇の物語 (1990)
ミザリー (1990)
ペット・セメタリー (1989)   
クリープショー2/怨霊 (1987)    
バトルランナー (1987)         
地獄のデビル・トラック (1986)
スタンド・バイ・ミー (1986)   
炎の少女チャーリー (1984)    
クジョー (1983)         
クリスティーン (1983)
デッドゾーン (1983)         
シャイニング (1980)         
死霊伝説 (1979)         
キャリー (1976)   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

『ミスト』この映画を見て!

第248回『ミスト』
Photo  今回紹介する作品はスティーヴン・キングのパニックホラー小説『霧』を映画化した『ミスト』です。監督と脚本は『ショーシャンクの空に』『グリーンマイル』とスティーヴン・キング原作の映画化に定評のあるフランク・ダラボンが担当しています。劇場公開当時は原作と異なる衝撃的なラストが大変話題になりました。

ストーリー:「田舎町を激しい嵐が襲った翌日、映画ポスターのデザイナーであるデヴィッドは息子と共にスーパーマーケットに買い物へと出かけた。その頃、町は突如として濃い霧に飲み込まれ始めていた。そして、スーパーマーケットの周囲も濃い霧に覆われる。店に買い物に来ていた客たちは突如発生した霧に身動きが取れなくなってしまう。そんな中、デヴィッドを始めとして数人の客と店員が霧の中に潜む不気味な触手生物の襲撃に遭う。彼らは店にバリケードを作り始め、武器になる物もかき集める。その一方で、キリスト教の原理主義者であるカーモディは狂信めいた発言で人々を不安に陥れる。そして夜に店の光に集まった霧の中の生物たちが店内を襲撃。中にいた人々はパニックへと陥る。」

 私は高校の時にスティーヴン・キングの小説にはまっていて、その当時に本作品の原作も読んでいました。私は原作を始めて読んだ時から、これは映画にしたら面白いだろうなと思っていました。それから15年近くたって、フランク・ダラボンが映画化する話しを知り、あの原作をどんな風に映画にするのか大変楽しみでした。
 実際に映画を見ての感想ですが、ラスト近くまで基本的に原作に忠実に作られていました。(一部変更点や映画独自のエピソードが追加されている箇所はありましたが。)自分が原作を読んだときにイメージしていた映像に近いものが再現されていたのでうれしかったです。

 怪物の襲撃シーンは予想以上にグロい映像も多く、ホラー映画ファンとしては見応えがありました。ただ、怪物の造形に関しては巨大な奴を除いては巨大な昆虫に過ぎないといった感じでイマイチでした。もっと私たちの想像を超えるような造形の怪物をだしてほしかったですね。

 ところで本作品の魅力は異世界の怪物による襲撃の恐怖はもちろんのことですが、それ以上に極限状況下での人間描写にあります。特に印象的なのがキリスト原理主義者の女性カーモディがスーパーのお客たちを扇動して次第に狂信的な集団を作り上げていくところです。情報が遮断された中で、冷静な判断力を失った人々がカーモディにすがり、彼女の言うがままに動いていくシーンはある意味で怪物の襲撃以上に恐ろしいです。
 それにしてもカーモディを演じたマーシャ・ゲイ・ハーデンの存在感と迫力に満ちた演技は最高です。ある意味、主人公よりもインパクトがありました。

 さて、ラストの映画独自の追加シーンに関してですが、確かに衝撃的でしたが個人的には原作の読者の想像に任せる曖昧な終わり方の方がよかったような気がします。映画の絶望的な終わり方も嫌いではないのですが、主人公の最後の決断が話の流れからして少し唐突な気がしました。あのような極限状態では、主人公の最後の決断も止むを得ないのかもしれません。しかし、途中までかすかな希望をつかもうとした主人公があれくらいの状況であのような行動をするにはどうしても思えないんですよね。観客を驚かすために無理にバットエンドにしたような気がします。
 ただ、本作品で一番冷静だと思っていた主人公も巨大な絶望の前では結局感情に動かされてしまったというところは何ともいえない皮肉ですね人間にはどうすることもできない巨大な出来事の前では何が正しくて何が間違いなのか、人間ごときの存在には正しい選択などできないのかもしれませんね。

 本作品はクリーチャーの造形とラストが微妙ではありますが、それを除けば見応えのあるパニックホラーに仕上がっています。特にスパーの中での人間模様は手に汗握ります。興味のある方はぜひご覧ください。 

上映時間 125分
製作国    アメリカ
製作年度 2007年
監督:    フランク・ダラボン   
原作:    スティーヴン・キング   
脚本:    フランク・ダラボン   
撮影:    ロン・シュミット   
プロダクションデザイン:    グレゴリー・メルトン   
編集:    ハンター・M・ヴィア   
音楽:    マーク・アイシャム   
出演:    トーマス・ジェーン   
    マーシャ・ゲイ・ハーデン
    ローリー・ホールデン   
    アンドレ・ブラウアー   
    トビー・ジョーンズ   
    ウィリアム・サドラー
    ジェフリー・デマン   
    フランシス・スターンハーゲン   
    アレクサ・ダヴァロス   
    ネイサン・ギャンブル   
    クリス・オーウェン    ノーム
    サム・ウィットワー   
    ロバート・トレヴァイラー   
    デヴィッド・ジェンセン   
    ケリー・コリンズ・リンツ

| | コメント (0) | トラックバック (7)

« 2009年4月5日 - 2009年4月11日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »