« 『愛だけを残せ』 | トップページ | 『DRAMA!』中島みゆきのアルバム紹介 »

『空気人形』この映画を見て!

第275回『空気人形』
Photo  今回紹介する作品は業田良家の短編コミックを基に心を持ってしまったダッチワイフと孤独な現代人の交流を描くラブ・ファンタジー『空気人形』です。
監督は『誰も知らない』の是枝裕和が担当。主演を『リンダ リンダ リンダ』で日本映画デビューした韓国の若手女優ペ・ドゥナが演じています。また共演者には、ARATAや板尾創路、オダギリジョー、富司純子など個性派が顔を揃えています。また、ホウ・シャオシェンの作品等で有名なアジアを股にかけて活躍するリー・ピンビンが撮影を担当しており、東京の街並みを情緒豊かな美しい風景として捉えています。

ストーリー:「ファミレス店員をしながら古びたアパートで暮らしていた秀雄のダッチワイフがある朝「心」を持ってしまった。秀雄が仕事に出かけると、彼女はメイド服を着て、街へと繰り出す。初めて見る外の世界で出会う様々な人々。そんなある日、彼女はレンタルビデオ店で働く純一と出会い、一目惚れする。彼女はその店でアルバイトをしながら、純一に近づいていく。」

前知識なく本作品を鑑賞したのですが、最近観た映画の中ではインパクトがありました。人形やロボットが心を持つという物語はピノキオを始めとして昔から良くあります。(最近の作品で言うならスピルバーグ監督が2001年に発表した『A.I』などが挙げられます。)
 そんな中、本作品が面白いのは性欲処理の道具であるダッチワイフが心を持つという点です。昔のポルノ映画やエロ漫画にも良く似た設定や雰囲気の作品はありましたが、ここまで透明感があり文芸的な香りのする作品はなかなか見当たりません。
 本作品は現代人の孤独や満たそうと思っても満たされない心の苦しみを描いてきます。その描き方は時に美しく、時に切なく、時に残酷です。
 主人公のダッチワイフは空っぽ肉体に純粋な心を持った故に己の空虚な欠如を満たそうと他者に興味を持ち関わろうとします。その姿は微笑ましくもあれば、痛ましくもあります。
 普通の人間よりも純粋な心を持ったが故に周囲の人間に振り回され傷ついていく主人公を見ていると、人間誰しもが持つエゴイズムを痛感させられます。自分を傷つけまいと守りながら己の孤独や欲望を満たそうとするエゴイズム。エゴイズムを満たすために他者とつながりたいのに上手くつながれない現代人の苦悩が本作品では生々しく描かれています。

 また、本作品で私が印象的だったのが好きな男から息を吹き込まれるシーンとラストの主人公が好きな男に対して取った予想外な行為。
 映画の中盤のレンタルビデオ店で誤って空気が抜けかけた主人公に対して好きな男が息を吹き込むシーンの官能的な美しさは息を呑みます。息を吹き込まれるたびに主人公が見せるエロティクな表情。好きな男の息によって空っぽな肉体が満たされていき、己の心の空虚さが満たされていく。主人公は空気を吹き込まれることで他者から満たされることの喜びを知り、そして喪失への恐れを抱くようになります。
 映画のラストは満たされた主人公が好きな男を満たそうとした行為によって起きる悲劇が描かれます。傷つけるつもりはなかったのに純粋な心が故に傷つけてしまう悲しみと恐ろしさ、そして愛する者を失った喪失感。満たされた心も束の間、充足感は失われ空っぽになっていく。映画のラストはとても切なく哀しいです。
 しかし、同時にかすかな希望も与えてくれます。それは主人公が知らぬ間に他者と交わる中で育んだ温もりと絆の種です。

 それにしても本作品で主人公を演じたぺ・ドゥナの透明感と存在感は凄いです。彼女が主演でなければ本作品ははっきり言って失敗していたかもしれません。彼女に目を付けた監督も大したものです。

 本作品はダッチワイフが主人公ということで嫌悪感を抱く人もいるかもしれませんが、悪趣味で見世物的な描写もなく、大変美しくも生々しく人間の心の本質を描いています。今年の邦画で押さえておいて損はない作品だと思います。

製作国    日本
製作年度 2009年
監督:    是枝裕和   
原作:    業田良家   
    『空気人形』(小学館刊『ゴーダ哲学堂 空気人形』所収)
脚本:    是枝裕和   
撮影:    リー・ピンビン   
美術:    金子宙生   
美術監督: 種田陽平   
編集:    是枝裕和   
音楽:    world's end girlfriend   
衣裳デザイン:    伊藤佐智子   
照明:    尾下栄治   
造形:    原口智生   
人形デザイン:    寒河江弘   
出演:    ペ・ドゥナ   
    ARATA   
    板尾創路   
    高橋昌也   
    余貴美子   
    岩松了   
    星野真里   
    丸山智己   
    奈良木未羽   
    柄本佑   
    寺島進   
    オダギリジョー   
    富司純子   

|

« 『愛だけを残せ』 | トップページ | 『DRAMA!』中島みゆきのアルバム紹介 »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

ファンタジー映画」カテゴリの記事

人間ドラマ映画」カテゴリの記事

恋愛映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/46775317

この記事へのトラックバック一覧です: 『空気人形』この映画を見て!:

» ★「空気人形」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の週末もナイトショウへ行ってきました。 監督や出演者が最近よくテレビでプロモーションやってるので、 ついつい観る気になった作品。 [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 02時44分

» 空気人形 [シネマ大好き]
是枝監督初のファンタジー作品「空気人形」。 雨降りの中、ただいまと声をかけて家に入り、夕食のテーブルで職場のグチをしょうがなさそうに話す男(板尾創路)。だが、彼の前に座っているのは等身大の人形(ペ・ドゥナ)。その人形が目覚め、持ち主が揃えていた中からメ..... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 07時20分

» アルバイトの求人募集転職情報ネットナビ [アルバイトの求人募集転職情報ネットナビ]
とっても高待遇なアルバイトの求人募集転職の情報です。 [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 11時35分

» 空気人形 [映画、言いたい放題!]
是枝裕和監督の作品が好きです。 いつか作品に出たいと思っています。(マジ) 映画館で予告編を観た時から絶対観ようと思ってました。 業田良家原作の短編コミック「ゴーダ哲学堂 空気人形」も読みました。 映画館は公開されたからちょっと経ってましたが 結構人が入ってまし... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 12時09分

» 映画レビュー「空気人形」 [映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP]
空気人形 O.S.T.◆プチレビュー◆心を持った人形の異色ラブ・ファンタジー。ペ・ドゥナの素晴らしさはただごとではない。 【90点】 東京の下町の古いアパートで持ち主の秀雄と暮らす空気人形は、ある朝、持ってはいけない心を持ってしまう。秀雄が外出した....... [続きを読む]

受信: 2009年11月16日 (月) 23時04分

» 空気人形 [しぇんて的風来坊ブログ]
ココロの深部にまで突き刺さるような優しく哀しい映画を作ってくれました。流石です。是枝監督。ダッチワイフの進化系のラブドール=空気人形が主人公。ある時、ココロを持ち、人間世界を探検、恋をし、自分の境遇を哀しむが責任は果たそうとし、恋が破れそうになり、自分の存在を肯定できるか自分探しまでし、自分の一生の最後までも、哀しさだけで終わらせない、そんな人形です。ラブドールの映画なので、以前にだってヌードにはなっているのでその点には出演の障害にはならないない主演のペ・ドゥナは、単にそんな矮小な部分を遥かに超えた... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 00時06分

» 空気人形・・・・・評価額1700円 [ノラネコの呑んで観るシネマ]
「空気人形」って何かの比喩かと思っていたら、まさかそのまんまだったとは。 私が現代日本の映画作家でもっともハズレがないと思っているの... [続きを読む]

受信: 2009年11月17日 (火) 23時50分

» 「空気人形」 [お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 ]
(2009年:アスミック・エース/監督:是枝 裕和) 「幻の光」、「誰も知らない」、「歩いても 歩いても」等の秀作を作り続けている是枝裕和監督の最新作は、なんと性欲処理用人形ラブド... [続きを読む]

受信: 2009年11月18日 (水) 02時53分

» 『空気人形』 [・*・ etoile ・*・]
'09.10.09 『空気人形』@新宿バルト9 これは見たかった。ペ・ドゥナは好き。板尾さんも出てるし! オダジョーも出てるので、オダジョーファンのbaruを誘って行ってきた。 *ネタバレありです。 そして熱弁です 「"男性の性の処理をする代用品"の空気人形ノゾミは、ある朝心が芽生えてしまった。一人街へ出た彼女は様々な体験をする。ふと立ち寄ったレンタルビデオ店の店員純一に恋をした彼女は、店で働き始めるが…」という話。これは良かった。是枝監督の作品は『花よりもなほ』しか見ていない。史... [続きを読む]

受信: 2009年11月23日 (月) 02時37分

« 『愛だけを残せ』 | トップページ | 『DRAMA!』中島みゆきのアルバム紹介 »