« 『バロン』この映画を見て! | トップページ | 『マンマ・ミーア!』映画鑑賞日記 »

『007/慰めの報酬』映画鑑賞日記!

Photo  前作『007/カジノ・ロワイヤル』のエンディング1時間後から話が始まるという007シリーズ初めて続編というスタイルを取った第22作目『007/慰めの報酬』。
 前作が最近の007シリーズでは大変完成度が高く面白い作品に仕上がっていたので、本作品も大変期待して劇場に足を運びました。

 映画は冒頭から激しいカーチェイスで始まり、体を張った生々しいアクションシーンが次から次へと矢継ぎ早に展開していきます。また、007シリーズらしく陸海空それぞれの乗り物を駆使したスリリングかつ迫力満点のシーンも数多くあり、最後まで飽きることなく見ることができます。
 ただ、手ぶれが多いカメラワークは臨場感はあるものの、正直誰が何をしているのか把握しにくかった点が残念でした。
 
 ジェームス・ボンドを演じるのは前作から起用されたダニエル・クレイグ。今までのダンディでスマートなボンドとは違うワイルドで硬派なボンドを演じています。自分でスタントもこなしたアクションシーンでの切れのある動きは歴代のボンドの中でも最高に素晴らしいです。ただ、今までのボンドにあった知性やユーモアがあまり感じられず、復讐に燃える殺人マシーンのように見えてしまうところがありました。
 
 敵のボスを演じたマチュー・アマルリックは悪役としての迫力やカリスマ性がないため、印象が薄いキャラクターでした。悪役にあまり魅力がなかったので、ラストの対決もいまいち盛り上がりに欠けていました
 ボンドガールのマチュー・アマルリックは見た目も美しく、家族を殺され復讐に燃える女性を見事に演じていたと思います。
 また、前作に引き続き登場したジャンカルロ・ジャンニーニの渋い演技も大変印象的でした。

 脚本には『クラッシュ』でアカデミー脚本賞を受賞したポール・ハギスが前作に続いて参加。復讐からの解放というテーマを前面に押し出したストーリーになっています。敵の組織の陰謀も現実を反映したリアルな設定となっています。
 また、監督には『チョコレート』や『ネバーランド』など人間ドラマをどちらかといえば得意とするマーク・フォスターが起用されており、ボンドの葛藤と成長に焦点を当て、それまでとは違う007シリーズを作り出そうとする意気込みが感じられました。
 
 ただ、上映時間が1時間46分と歴代の007シリーズの中でも一番短いため、敵の動きや主人公たちの葛藤がいまいち伝わりにくかったような気がします。
 その割りに中盤間延びしているところもあり2時間以上のある映画を見ているような感じも受けました。
 個人的にはもう少しメリハリをつけて、じっくり描くところは描いても良かったのではと思ったりもしました。
 
 あと、本作品には『007/ゴールドフィンガー』をオマージュしたシーンがあるのですが、007シリーズ好きにとってはニヤリとできるシーンでした。

 本作品を見ての個人的な感想は、退屈はしないけど、完成度や面白さでは前作に劣るかなと思います。また、007シリーズを変えようとする意気込みは分かるのですが、あまり変えすぎると007シリーズが持っていた特長や魅力が薄れてしまうのではとも思いました。ハードボイルドなボンドも悪くありませんが、もう少しユーモアやスマートさがあっても良いかと思います。

今作である程度ボンドもMI-6のスパイとして成長したと思うので、次回作でどのような活躍をするのかを楽しみにしたいと思います。


上映時間 106分
製作国 イギリス/アメリカ
製作年度 2008年
監督: マーク・フォースター 
原作: イアン・フレミング 
脚本: ニール・パーヴィス,ロバート・ウェイド,ポール・ハギス 
撮影: ロベルト・シェイファー 
プロダクションデザイン: デニス・ガスナー 
衣装デザイン: ルイーズ・フログリー 
編集: マット・チェシー,リチャード・ピアソン 
音楽: デヴィッド・アーノルド 
テーマ曲: モンティ・ノーマン(ジェームズ・ボンドのテーマ)
主題歌: アリシア・キーズ, ジャック・ホワイト 
出演:
ダニエル・クレイグ 
オルガ・キュリレンコ
マチュー・アマルリック
ジュディ・デンチ
ジェフリー・ライト
ジェマ・アータートン
イェスパー・クリステンセン
デヴィッド・ハーバー 
アナトール・トーブマン
ロシー・キニア
ジャンカルロ・ジャンニーニ

|

« 『バロン』この映画を見て! | トップページ | 『マンマ・ミーア!』映画鑑賞日記 »

アクション映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画鑑賞日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/43842619

この記事へのトラックバック一覧です: 『007/慰めの報酬』映画鑑賞日記!:

» 007 慰めの報酬 /QUANTUM OF SOLACE [我想一個人映画美的女人blog]
シリーズ22作目、ダニエルボンドの待望の2作目{/ee_3/} 前作の「カジノ・ロワイヤル」からもう2年以上経ってるのね〜{/ase/}  そんなに前だったか。 土日で先行上映決定! シネトレさんに試写頂き行ってまいりました 「カジノロワイヤル」の方もお正月に観直して復習もばっちり{/good/} いやー、もうダニエルボンドがカッコ良すぎ{/ee_1/} タイトル出る前のオープニングしょっぱなから、前作同様、走る走る走る! ダニエルボンドはクールな体育会系{/goo/}{/ee_... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 15時30分

» 『007/慰めの報酬』 [Sweet*Days**]
監督:マーク・フォスター CAST:ダニエル・クレイグ、マチュー・アマルリック、オルガ・キュリレンコ 他 心から愛したヴェスパーを... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 16時09分

» 『007/慰めの報酬』 [cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー]
正月第二弾のラインナップの中では一番観たいと思っていた『007/慰めの報酬』を、中野サンプラザホールでの試写会で観てきました。 18:15からの開場だったし、寒かったから開場から15分後くらいに到着してすんなり中に入れるかと思ってたら、この時点で会場の外にまだまだ長蛇... [続きを読む]

受信: 2009年1月30日 (金) 22時58分

» 007 慰めの報酬 [ともやの映画大好きっ!]
(原題:QUANTUM OF SOLACE) 【2008年・アメリカ/イギリス】試写会で鑑賞(★★★★☆) 前作で愛する人を失ったジェームズ・ボンドが、復讐心を秘めながら巨大な組織と戦っていく様を描いた007シリーズ第22弾。 ヴェスパー・リンド(エヴァ・グリーン)を脅迫し、彼女を死に至しめたミスター・ホワイト(イェスパー・クリステンセン)を捕らえたジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)。どうやらホワイトのバックには、とてつもない組織が存在しているようだった。尋問を開始しようとした矢先、MI6... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 06時29分

» 007/慰めの報酬 [映画鑑賞★日記・・・]
原題:QUANTUM OF SOLACE公開:2009/01/24製作国・年度:イギリス/アメリカ、2008年上映時間:106分鑑賞日:2009/01/17先行監督:マーク・フォースター出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト+あら...... [続きを読む]

受信: 2009年1月31日 (土) 21時53分

» 「007 慰めの報酬」埃だらけの最強マシーンが行く [soramove]
「007 慰めの報酬」」★★★★オススメ ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、ジュディ・デンチ主演 マーク・フォースター監督、147分、アメリカ 「洗練されたフォーマルな装いと、 最新の小道具、ボンドガールとの 艶っぽいやり取り、 そんなイメージとは違う 泥臭い人間ボンドの第二弾」 見終わった印象では、 ボンドは常に顔中ホコリだらけか、 血が出て居る状態。 アクションは「ありえない」領域じゃ無く、 生身の人間がギリギリ頑張ってるという、 出来... [続きを読む]

受信: 2009年2月 1日 (日) 13時54分

» 「007/慰めの報酬」試写会観てきました♪ [りんたろうの☆きときと日記☆]
☆「007/慰めの報酬」 監督:マーク・フォースター 出演:ダニエル・クレイグ、オルガ・キュリレンコ、マチュー・アマルリック、ジュディ・デンチ、ジェフリー・ライト、ジェマ・アータートン、イェスパー・クリステンセン、デヴィッド・ハーバー、アナトール・トーブマン、ロシー・キニア、ジャンカルロ・ジャンニーニ、ホアキン・コシオ、グレン・フォスター、フェルナンド・ギーエン・クエルボ、スタナ・カティック、ニール・ジャクソン 何者かの陰謀によって愛するヴェスパーを亡くし、復讐を誓ったボンドは、彼女を操ってい... [続きを読む]

受信: 2009年2月 4日 (水) 16時53分

» 映画「007/慰めの報酬」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Quantum of Solace ダブルオーセブンを劇場鑑賞したのは生涯2度目だけど、随分様変わりしたよね、前作カジノ・ロワイヤルの続編、慰めの報酬とは裏切り者を処刑すること!? 最愛の女性ヴェスパーをうしない悲しみにくれて復讐心を秘めるジェームズ・ボンド(ダニ... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 00時01分

» 「007/慰めの報酬」メチャクチャもの凄い!! [シネマ親父の“日々是妄言”]
[007/慰めの報酬] ブログ村キーワード  ダニエル・クレイグ主演、007シリーズ最新第22弾。「007/慰めの報酬」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。前作「カジノ・ロワイヤル」からの、完全な“続編”(前作のラスト・シーンの1時間後から始まるという設定)として作られた本作。ダニエル・クレイグ、渾身の“シリアス・ボンド”第2弾。さあ、如何なる仕上がりになっておりますでしょうか?  愛するヴェスパー(エヴァ・グリーン)を失ったボンド(ダニエル・クレイグ)は、悲しみと怒りに打... [続きを読む]

受信: 2009年2月 5日 (木) 00時39分

» 映画:007/慰めの報酬 [よしなしごと]
 平日3本観た、その2本目は007/慰めの報酬を観てきました。前作を復讐してから観に行って良かった。復讐しないで行くと、最初と最後がわからないかも・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 01時55分

» ★「007/慰めの報酬」 [★☆ひらりん的映画ブログ☆★]
今週の平日休みは、話題作の2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。 その1本目。 [続きを読む]

受信: 2009年2月 7日 (土) 03時05分

« 『バロン』この映画を見て! | トップページ | 『マンマ・ミーア!』映画鑑賞日記 »