« 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』この映画を見て! | トップページ | 『リトル・ダンサー』この映画を見て! »

『崖の上のポニョ』この映画を見て!

第210回『崖の上のポニョ』
Photo  今回紹介する作品は7月19日から公開される宮崎駿監督の最新作『崖の上のポニョ』です。
 現在テレビでは予告編がオンエアーされており、女の子がたどたどしく歌う「ポーニョ、ポーニョ~」という主題歌が印象に残っている人も多いかと思います。

 私は運良く試写会のペアチケットを手に入れることが出来て、パートナーと共に一足先に見に行くことができました。

 映画のあらすじ
「海辺の小さな町。

崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、
ある日、クラゲに乗って家出したさかなの子・ポニョと出会う。
アタマをジャムの瓶に突っ込んで困っていたところを、
宗介に助けてもらったのだ。

宗介のことを好きになるポニョ。
宗介もポニョを好きになる。
「ぼくが守ってあげるからね」

しかし、かつて人間を辞め、
海の住人となった父・フジモトによって、
ポニョは海の中へと連れ戻されてしまう。

人間になりたい!
ポニョは、妹たちの力を借りて父の魔法を盗み出し、
再び宗介のいる人間の世界を目指す。

危険な力を持つ生命の水がまき散らされた。
海はふくれあがり、嵐が巻き起こり、
妹たちは巨大な水魚に変身して、
宗介のいる崖へ、大津波となって押し寄せる。

少年と少女、愛と責任、海と生命。
神経症と不安の時代に、
宮崎駿がためらわずに描く、母と子の物語」(映画チラシより) 
 

まだ公開前なので映画の詳細に関しては何も言いませんが、衰えを知らない宮崎監督の想像力の豊かさに圧倒されました。

 CGを使わず手描きにこだわった映像は躍動感と温かみに溢れており、見ていて楽しく飽きることがありません。
 特に海の映像はとても力が入っており、デフォルメされた波の描写や海中を泳ぎ回る色とりどりな魚たちの姿を見ていると海自体が重要な主人公であることに気づくでしょう。
主人公たちの動きや仕草も可愛くコミカルですし、中盤に『カリオストロの城』のカーチェイスを彷彿させるようなシーンもあります。
 また中盤にある大津波のシーンの音楽との相乗効果も相まって鳥肌が立つほど迫力があります。

 ストーリーは最近のジブリ作品の中ではいたってシンプルで、人間になりたい金魚姫「ポニョ」とそんなポニョを守ろうとする5歳の少年「宗介」の絆と冒険を描いています。
ただ、前回の「ハウルの動く城」と同じく映画の舞台となっている世界に関する説明は必要最小限に抑えられているため、今どういうことが起こっているのか良く分からない部分はいくつかあります。
 最近の宮崎監督は世界観の説明より、主人公たちの感情や行動に焦点を当てて話しを進めていきますが、本作品もポニョと宗介のストレートな思いや行動にのみ焦点を当てて話しを進めています。その為、世界観の説明を求める大人には不満があるかもしれませんが、そんな世界をありのまま受け止めることができる大人や子どもたちは感情移入して楽しく見ることができます。
一緒に見た私のパートナーは「ストーリーは良くわからなかったが主人公である宗介の純粋な思いに泣きそうになった」と言ってました。
 
 試写会には子どもたちもたくさん来ていましたが、見ている最中に主人公たちの何気ない仕草や行動に何度も笑っていました。宮崎監督は子どもたちが楽しんでくれるかどうかとても気になっているようですが、試写会での反応を見る限りは子どもたちの心をつかんでいると思いました。

 あと本作品を語る上で外せないのが一度聞いたら頭から離れない主題歌。映画ではエンドロールで流れるのですが、『となりのトトロ』以来のインパクトのある主題歌です。
 なおエンドロール自体も近年の映画では稀に見るコンパクトなもので、子どもを退屈させない配慮がなされており好感がもてました。

 本作品は『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』などのスケールの大きな冒険活劇を求める人が見るとイマイチかもしれませんが、『となりのトトロ』のようなこじんまりとした温かいファンタジーを求める人が見ると非常に楽しめると思います。

上映時間 101分
製作国 日本
製作年 2008年
監督: 宮崎駿 
プロデューサー: 鈴木敏夫 
原作: 宮崎駿 
脚本: 宮崎駿 
作画監督: 近藤勝也 
色彩設計: 保田道世 
美術監督: 吉田昇 
編集: 瀬山武司 
音楽: 久石譲 
主題歌: 藤岡藤巻と大橋のぞみ『崖の上のポニョ』、林正子 『海のおかあさん』
声の出演:長嶋一茂 、天海祐希、所ジョージ、土井洋輝、 奈良柚莉愛、柊瑠美、矢野顕子、吉行和子、奈良岡朋子

公式サイト:http://www.ghibli.jp/ponyo/

|

« 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』この映画を見て! | トップページ | 『リトル・ダンサー』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

ファンタジー映画」カテゴリの記事

宮崎駿とスタジオジブリ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/41824463

この記事へのトラックバック一覧です: 『崖の上のポニョ』この映画を見て!:

» 崖の上のポニョ [象のロケット]
海辺の小さな町。 崖の上の一軒家に住む5歳の少年・宗介は、家出したさかなの子・ポニョを助ける。 「ぼくが守ってあげるからね」。 そんな宗介のことを好きになったポニョは、一度は海の中へ連れ戻されるが、「人間になりたい!」と再び宗介のいる人間の世界を目指す。 海の世界は混乱するが…。  スタジオジブリ・ファンタジー・アニメ。  ... [続きを読む]

受信: 2008年7月13日 (日) 22時33分

» 崖の上のポニョ [とりあえず、コメントです]
あの主題歌のパワーは凄いですね~ 予告編であの音楽が流れてくると、それまでに観た予告編がどこかへ飛んでいってしまう~! 聴いた瞬間に、頭の中の全てがポニョになってしまいます(^^ゞ 5歳の宗介と出会った魚のポニョが、大好きな人間・宗介と共にいるために 魔法のパワーを使って大騒動を巻き起こす物語です。 手書きのこだわりという噂は聞いていましたけど、背景の絵は水彩ではなく色鉛筆のように見えるような 絵本の中に放り込まれたような感じで、ちょっと可愛かったです(^^) 物語が進むにつれてポニョが魔力の最... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 00時17分

» テレビCMでおなじみ、ポニョの歌がランキングを急上昇 [Newsブログ検索結果BLOG]
 テレビCMなどですっかりおなじみになった、キャッチーなフレーズが耳に残る映画『崖の上のポニョ』の主題歌がランキングを急上昇。映画公開が迫りテレビ露出が増えたことで一気に認知度が上がり、前週の100位から7/21付週間シングルランキングでは24位にジャンプアップした。『崖の上のポニョ』の主題歌を歌う藤岡藤巻と大橋のぞみ ※中段に掲載  久石譲が作・編曲を手がけ、藤岡藤巻と大橋のぞみが歌う「崖の上のポニョ」は、昨...... [続きを読む]

受信: 2008年7月15日 (火) 19時28分

» 大橋のぞみお気に入りの『崖の上のポニョ』ぬいぐるみ [有名人ご用達ナビ新着情報]
「ポ〜ニョポ〜ニョポニョ」可愛い歌声ですよね! [続きを読む]

受信: 2008年7月17日 (木) 17時56分

» 「 崖の上のポニョ (2008) 」 [MoonDreamWorks★Fc2]
【崖の上のポニョ】2008年7月19日(土)公開 監督 ・ 脚本 : 宮崎駿 ... [続きを読む]

受信: 2008年7月18日 (金) 17時44分

» 崖の上のポニョ [Akira's VOICE]
大人に希望を。 子供に夢を。   [続きを読む]

受信: 2008年7月19日 (土) 15時35分

» 「崖の上のポニョ」:清澄庭園前バス停付近の会話 [【映画がはねたら、都バスに乗って】]
{/kaeru_en4/}おい、この手水鉢の中に何か見えたぞ。 {/hiyo_en2/}ひょっとして、ポニョかしら。 {/kaeru_en4/}うーん、あれは海にいる魚だからな。 {/hiyo_en2/}うん、海で生まれたんだけど、人間になりたくて一生懸命努力する魚の女の子。 {/kaeru_en4/}って、人間になるためにそんなに努力したか?たまたま人間の血をなめちゃっただけに思えるけど。 {/hiyo_en2/}そう言われちゃ身も蓋もないけど、固いこと言わなくていいじゃないの。「となりのトトロ... [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 09時19分

» [映画『崖の上のポニョ』を観た^^] [『甘噛み^^ 天才バカ板!』]
☆最初に言っておくと、私は、『ポニョ』を愛してます^^          ◇   ◇ 宮崎駿監督は、もう往年のパワーは持ち得ないと思っていた。 私が考えるところの問題点は二つで、   1・あまりにもビッグバジェットとなってしまった宮崎作品は、    多くのテーマ(客の嗜好)を内包することを義務づけられ、    「もののけ姫」「ナウシカ」に代表できるような、宮崎的な怨念を込められる…、    あるいは、「ラピュタ」や「トトロ」「カリオストロ」のような純粋エンターテイメントの如き、    シン... [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 20時41分

» 崖の上のポニョ [いい加減社長の日記]
【gooブログの方へ】 アメブロからのTBが送信されないようですので、この記事にTBをつける場合は、 http://blog.goo.ne.jp/terry0317/e/ccc5e960aab28c13b2a5b6bc96296da8 の方につけていただくと、お返しできると思いますので、よろしくお願いします。 ストーリ... [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 20時43分

» 崖の上のポニョ [eclipse的な独り言 ]
 観てきました。まあ観客は満員。子供は騒ぐはでにぎやかです。でもたまにはこういう [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 22時07分

» 崖の上のポニョ [k.onoderaの日記]
パーックパック、チュッギュッ!パーックパック、チュッギュッ! …でおなじみの、『崖の上のポニョ』。 表向きは、宮崎駿監督が以前制作... [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 22時16分

» 崖の上のポニョ [★YUKAの気ままな有閑日記★]
宮崎駿監督の作品は大好き持っているDVDやビデオを観る機会も一番多いかもしれないなぁ〜『ハウルの動く城』以来4年ぶりの新作を家族で楽しみにしていた―【スタッフ・キャスト(声優)】*監督・原作・脚本 宮崎駿 *音楽 久石譲*宗介の母・リサ(山口智子)         *宗介の父(長嶋一茂)*ポニョのママ・グランマーレ(天海祐希)  *ポニョの父・フジモト(所ジョージ)*宗介(土井洋輝)    *ポニョ(奈良柚莉愛)    *ポニョの妹たち(矢野顕子)*トキさん(吉行和子)  *ヨシエ(奈良岡朋子) 他... [続きを読む]

受信: 2008年7月20日 (日) 23時11分

» 『崖の上のポニョ』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「崖の上のポニョ」□監督・原作・脚本 宮崎駿 □キャスト(声優) 山口智子、奈良柚莉愛、土井洋輝、長嶋一茂、所ジョージ、天海祐希、吉行和子、奈良岡朋子、矢野顕子■鑑賞日 7月20日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 来たぁぁぁぁぁ〜 メイちゃんがおさかなになって戻って来たぁぁぁぁ〜〜〜 4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた作品は原点に立ち戻り、素朴で且つ心温まるファンタジー。 そのベースに置いたのはアンデルセン童話の「人魚姫」だと... [続きを読む]

受信: 2008年7月31日 (木) 12時18分

» 崖の上のポニョ [みかんの部屋]
ポ〜ニョ ポ〜ニョ ポニョ さかなの子ぉ〜♪ あおい うみから やってきた〜♪ ポニョ ポニョ ポニョ おんなの子ぉ〜♪ まんまる おなかの おんなの子ぉ〜 ? CGアニメばかりの今、こうゆう素朴なアニメ、逆に新鮮でいいなぁ〜と思った。 なんか、子供のころに戻ったみたい。さすがだね、宮崎ハヤオっ。 リサママが、ものすんごい男前で 頼もしくて素敵でした[:ぴかぴか:] そうすけは、すごい やさしい子。 リサママと、こういちと、そうすけの3人 すごくいい家族だね(*´ω`... [続きを読む]

受信: 2008年8月 9日 (土) 23時30分

« 『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』この映画を見て! | トップページ | 『リトル・ダンサー』この映画を見て! »