« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »

2007年12月16日 - 2007年12月22日

『中島みゆき的アジアン・カバーズ』

お気に入りのCD NO.22『中島みゆき的アジアン・カバーズ』 オムニバスCD
Photo 今回紹介するCDは中島みゆきの歌を台湾や香港等のアジアの有名アーティストがカバーした作品を集めたコンピレーション・アルバムです。
 中島みゆきの歌はアジアで70曲以上カバーされているようで、おそらくアジアで一番有名な日本のアーティストだと思います。
 
 中島みゆきの歌をアジアで最初にカバーしたのは日本でも有名なテレサ・テンでした。80年代に『ひとり上手』のカバーがヒット。その後、他の歌手も競って中島みゆきの曲をカバーするようになります。
 そして90年代中島みゆきの歌をアジア全土で有名にする『容易受傷的女人』が登場します。この歌は中島みゆきの『ルージュ』をカバー曲なのですが香港の歌姫フェイ・オンが歌い香港で大ヒットを記録しました。その後この歌は東南アジアや中東アジアにも紹介され、アジア全土に『ルージュ』ブームが広がりました。
 
 このアルバムではアジアでカバーされた中島みゆきの歌が15曲収録されていますが、中島みゆき本人が歌っているバージョンとは印象がかなり違います。中島みゆきの歌い方は良い意味で重量感があり、聞く者の感情を揺さぶりますが、アジアでカバーされた曲はどれもよい意味でさらっとしており非常に聴きやすいアジアンポップスとなっています。
 歌詞自体も中島みゆきが書いた内容と大きく違っており、良くも悪くも歌謡曲的な内容となっています。
 
 中島みゆきの歌がアジアで人気を博しているのは、やはり中島みゆきの歌が持つ切なさや儚さがアジアの人々の心に響くからだと思います。

 中島みゆき好きな人もそうでないひとも聞いて損のないアルバムです。 

1. ひとり上手 / テレサ・テン 
2. ルージュ / フェイ・ウォン 
3. 幸せ / リッチー・レ 
4. 帰省 / ルル 
5. 時代 / サリー・イエー 
6. ローリング / ルイフォン 
7. 最愛 / ヴィヴィアン・チョウ 
8. やまねこ / カレン・トン 
9. 六花 / ジェフ・チャ 
10. 孤独の肖像1st. / サミー・チェン 
11. EAST ASIA / マン・ファン 
12. 誕生 / ステファニー・ライ 
13. 空と君のあいだに / ニサ・リン 
14. ホームにて / サリー・イエー 
15. 捨てるほどの愛でいいから / プリシラ・チャン 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

『トップをねらえ』このアニメを見て!

Photo  今回紹介する作品は『エヴァンゲリオン』の庵野秀明が80年代に世に送りだした青春SFアニメの傑作『トップをねらえ』です。
 本作品は当時としてはまだ珍しかったオリジナルビデオアニメーション(略してOVA)として発表されました。今ではアニメ業界の第一線で活躍するスタッフが結集して制作されているだけのことはあって、映像のクオリティは今見ても遜色ありません。
 
 ストーリー:「人類が宇宙に進出するようになった21世紀、地球は宇宙怪獣による激しい攻撃を受けていた。その脅威に打ち勝つため、地球は巨大ロボット「ガンバスター」を製造。その搭乗員に選ばれたトップ部隊隊員タカヤノリコは人類の未来を賭けて闘うことになる。」

 全6話からなるストーリーは笑いあり涙ありで見所満載です。
 前半は題名を見ても分かるとおりスポ根アニメの名作『エースをねらえ』と映画『トップガン』をパロディにしたコメディタッチの展開となっています。
 巨大ロボットのパイロットを目指す主人公ノリコと彼女が「お姉さま」と憧れる先輩パイロット・カズミ、そして2人がコーチと呼び慕うコウイチロウの3人の人間ドラマが描かれますが見ていて恥ずかしくなるほどベタベタな展開は滑稽かつナンセンスで見ていて笑ってしまいます。また過去の日本アニメや特撮モノに対するパロディやオマージュが散りばめられおり、アニメファンが見るとニヤリとしてしまう描写の連続です。
 
 しかし話しが進むにつれて、コメディタッチの作風からシリアスな作風へと変わっていきます。SFファンも唸らせる宇宙論や時間論がストーリーに盛り込まれスケールも大きくなり、そこに主人公たちの闘いに対する葛藤のドラマが加わり、見る者の心を鷲づかみにします。特にラストシーンは涙なしに見ることができません。

 私が本作品をはじめてみたのは大学生のときでしたが、前半のスポ根タッチのストーリーに笑い、後半の怒涛の展開に圧倒されたものでした。特に全編モノクロ・シネスコサイズの画面の最終話は戦闘シーンのテンションの高さと、ラストの時空を超えた予想外の展開に鳥肌がたったものでした。

 アニメファン・SFファンで本作品を見たことがない人は是非見てください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月9日 - 2007年12月15日 | トップページ | 2007年12月23日 - 2007年12月29日 »