« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »

2007年9月23日 - 2007年9月29日

『バタリアン』この映画を見て!

第178回『バタリアン』
Batariann  今回紹介する作品は日本でもブームを巻き起こしたコメディホラーの傑作『バタリアン』です。本作品の邦題である『バタリアン』は日本の配給会社が独自に付けたタイトルです。原題は『リターン・オブ・ザ・リビング・デッド』というタイトルで、ジョージ・A・ロメロ監督によるゾンビ映画の名作『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』のパロディ作品となっています。

ストーリー:「ケンタッキー州のとある医療倉庫で働くフランクとフレディは地下室に保管されているゾンビの話題で盛り上がる。1969年に軍人病院の薬品事故が原因で蘇生した死体を保管した容器が軍の間違いでこの倉庫に送られてきたのだった。二人はその箱を覗こうと容器を叩いてみると突然謎のガスが噴出。医療倉庫に保管されていた解剖用の死体の数々が動き出す。動き出した死体を処理しようと社長のバートは友人の葬儀屋で火葬をする。しかし、煙が混じった雨のせいで近隣の墓地の死体までどんどん蘇ってしまう。」

 本作品は私が小学生だった頃に金曜ロードショーで何回も放映されるほど人気がありました。小学校でも本作品が放映された後は男の子の間で話題になったものでした。当時の私は怖がりであったにも関わらずホラー映画が大好きで、本作品も恐る恐る見たものでした。今見ると笑える作品なのですが、当時はタールマンやオバンバなどのゾンビの造形の気持ち悪さや生きながら死んでいく登場人物たちの姿に背筋が凍る思いをしたものでした。映画のラストもあっけないというか強引というか、予想もしない展開だったので子どもながらに驚いたものでした。

 最近、本作品のDVDを購入し20年ぶりに見返したのでしたが、改めてみると非常に完成度の高いゾンビ映画だということが分りました。上映時間も90分と短い分テンポが良く見れますし、気持ち悪い描写のオンパレードの割りに笑える場面も多いので後味もよく、公開当時人気が出たのも頷ける出来でした。
 また『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に対するオマージュのセリフやシーンも随所に見られ、ロメロゾンビファンはニヤッと笑いながら見ることができます。
ただ予算不足で主役級のゾンビを除くとメイクがしょぼいのが残念なところです。

 ちなみに本作品のゾンビは私が見たゾンビ映画の中では最強だと思います。頭部を破壊しても、身体をバラバラにしても動きますし、知能も高く、走ることもできる。こんなゾンビに襲われたらどうすこともできませんね。
 
 私が本作品の中でお気に入りのシーンはフランクが自ら焼却炉に入っていくところです。あのシーンだけは何回見て切ないです。

 本作品は現在5作目までシリーズ化されていますが、続編はどれもゾンビ映画としては普通の出来です。1作目だけ見れば十分です。

製作年度 1985年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 91分
監督 ダン・オバノン 
脚本 ダン・オバノン 
音楽 マット・クリフォード 
出演 クルー・ギャラガー 、ジェームズ・カレン 、ドン・カルファ 、トム・マシューズ 、ビヴァリー・ランドルフ 、ジョン・フィルビン 、リネア・クイグリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『魔羅の肖像』街を捨て書を読もう!

『魔羅の肖像』 著:松沢呉一 新潮OH!文庫
Mara  今回紹介する作品は横丁の性科学者・松沢呉一さんが性器とセックスにまつわる一般常識や俗説、珍説を丹念に調査した報告書『魔羅の肖像』です。
 松沢呉一さんというと日本の性風俗の実態を体当たりで調査して軽快な文章で報告してくれることで人気があります。(最近は性風俗ライターでなくカラオケボックス歌手として活躍されているそうですが・・・。)そんな松沢さんの性風俗に関する集大成とも言える作品が本作品です。
 文庫本にして500ページ近くある超大作の本作品。あそこが大きい方が気持ちが良いのか、形と気持ちよさに関係はあるのか、オーガズムとはどういう状態を指すのかなど、誰しもが興味ある性器とセックスにおける快楽の関係性についてひたすら書かれています。
 戦前の文献から学者の書いた研究書、そして週刊誌の記事に至るまで、膨大な数の性に関する資料の内容が正しいかどうか、風俗関係の女性へのインタビューや自身・友人の経験を重ね合わせることによって検証していきます。そして、巷に広まっている性に関する常識の間違いを明らかにしていきます。
 こういう研究だと著者の経験だけで主観的に書かれることが多いのですが、本作品はフィールドワークを丁寧に行い客観的に検証されています。その為、読んでいて参考になります。セックスを楽しむには、あそこだけ素晴らしくても勿論ダメだし、技術だけあってもダメだし(ないよりあった方がいいでしょうが・・・。)、愛だけあってもダメ。(でも思いやりがないセックスは最低。)ではセックスを楽しむために何が必要か?それが知りたい方は本作品を読んで下さい!
 性に興味のある人も、性に興味のない人も一度は読んで損しないと思いますよ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月16日 - 2007年9月22日 | トップページ | 2007年9月30日 - 2007年10月6日 »