« 『出発点―1979~1996』街を捨て書を読もう! | トップページ | 『旅立ちの時』この映画を見て! »

『Vフォー・ヴェンデッタ』この映画を見て!

第167回『Vフォー・ヴェンデッタ』
V_for_vendetta  今回紹介する作品は全体主義国家となった近未来のイギリスを舞台に革命を目指す孤高のテロリスト"V"と彼に協力するヒロイン"イヴィー"の活躍を描く『Vフォー・ヴェンデッタ』です。
 ストーリー:「第三次世界大戦後、独裁者アダム・サトラーにより全体主義国家と化した英国。国営放送BTNに勤務する女性イヴィーは外出禁止時刻に外出してしまい秘密警察ザ・フィンガーの警備員に捕まる。そこに現れた仮面を被る謎の男“V”に助けられる。Vは自分の人生を狂わせた国家への復讐から転覆を企むテロリストだった。イヴィーはVのテロ計画に巻き込まれ、国家から追われる破目に陥る。」

 この作品は『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟が担当しているので、大掛かりなアクションシーンが連続する映画と思って鑑賞すると肩透かしをくらうと思います。私も当初は爽快なアクション映画と思って鑑賞していたので、自分の予想していなかった方向に話しが進んでいき、ある意味期待を裏切られた作品でした。しかし、それは面白くなかったかというと、そんなことはなく個人的にかなりツボにはまった作品でした。管理社会によって独裁体制を敷いている国家に個人が闘いを挑むという作品は昔から数多くありますが、この作品は登場人物の魅力と現代の欧米の保守的な政治体制に対する痛烈な皮肉と批判が込められた内容の濃さで大変見ごたえがあります。
 映画の中では生物テロに怯えた国民が安全を求めて自由を捨て強権的な政治指導者を選びますが、それは911テロ後のアメリカやイギリスの政治状況を見事に反映していると思います。

 Vの仮面はモデルがあり、1605年11月5日に英国国会議事堂の爆破未遂事件を起こし、翌年処刑されたガイ・フォークスという人物がモデルになっています。今でもイギリスでは11月5日を「ガイ・フォークス・デー」として記念し、その夜は花火が打ち上げられています。
 そんなV役を演じたのが『マトリックス』でエージェント・スミス役を演じたヒューゴ・ウィーヴィング。彼は映画の中では一切素顔を現さず、声と体をつかった演技だけで主人公を演じています。演技において役者の表情は非常に大切な要素だと思うのですが、それを封じいられた中で、あれだけの存在感のある演技を見せたヒューゴ・ウィーヴィング恐るべしです。彼が流暢なクイーンズイングリッシュで語る時に哲学的、時に文学的なセリフの数々は耳に心地よく、その言葉の深遠さは胸に大変残りました。

イヴィーを演じたナタリー・ポートマンも映画の中でスキンヘッドにして熱演していますが、一番衝撃的だったのは映画の中のロリコン姿。20歳を超えてあのような姿をするとは凄いです。

 この映画は政治的な色合いの強い作品ですが、とてもロマンティックな作品でもあります。映画後半で徐々に変化するVとイヴィーのお互いに対する思い。ラストは不覚にも涙が出そうになりました。

 またラストで無数のVが登場するシーンは鳥肌が立ちました。Vが一人の超人的な人間を指すわけでなく、多くの人間が希求する自由を象徴した存在であることを見事に映像で表現していたと思います。

 この作品は決して万人受けする作品とは思いませんが、現代のアメリカ政府に不信感を持つ映画好きなら見て損はないと思いますよ。

製作年度 2005年
製作国・地域 イギリス/ドイツ
上映時間 132分
監督 ジェームズ・マクティーグ 
製作総指揮 ベンジャミン・ウェイスブレン 
脚本 アンディ・ウォシャウスキー 、ラリー・ウォシャウスキー 
音楽 ダリオ・マリアネッリ 
出演 ナタリー・ポートマン 、ヒューゴ・ウィーヴィング 、スティーヴン・レイ 、スティーヴン・フライ 、ジョン・ハート 

|

« 『出発点―1979~1996』街を捨て書を読もう! | トップページ | 『旅立ちの時』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

近未来・SF映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/15780290

この記事へのトラックバック一覧です: 『Vフォー・ヴェンデッタ』この映画を見て!:

» Vフォー・ヴェンデッタ [Akira's VOICE]
革命は一日にして成らず。 されど,変化は一日で実る! [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 10時47分

» Vフォー・ヴェンデッタ [映画鑑賞★日記・・・]
『V FOR VENDETTA』公開:2006/04/22(04/22,05/07)監督:ジェームズ・マクティーグ製作: ジョエル・シルヴァー、アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー、グラント・ヒル 出演:ナタリー・ポートマン    ヒューゴ・ウィーヴィング 近未来のイギリ....... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 13時24分

» Vフォー・ヴェンデッタ 06年85本目 [猫姫じゃ]
Vフォー・ヴェンデッタ 上の歯で下唇を軽くかんで、、、ヴィ、、、 あたしと、チャイコフスキーの大序曲「1812年」との出会いは、今をさかのぼることン十数年前、10才くらいの頃のお話。あたしの母方親族って、音楽好きな人が多くって、その一人、オーディオマ...... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 17時11分

» 共謀罪に反対しよう「Vフォー・ヴェンデッタ」 [再出発日記]
監督:ジェイムズ・マクティーグ 出演:ナタリー・ポートマン、ヒューゴ・ウィービング、ジョン・ハート初日に観ました。何の事前知識もなかったのですが、ナタリー・ポートマンのファンとしては当然の行為です。(私は岡山に来なかった一作品を除いて、13作品全てを映...... [続きを読む]

受信: 2007年7月18日 (水) 01時59分

» Vフォー.ヴェンデッタ [another age]
Vフォー.ヴェンデッタ 【2005年 監督:ジェームス.マクティーグ】 第三次世界対戦後のイギリスを舞台に、孤高のテロリスト『V』が独裁政治に立ち向かう近未来スリラー。『マトリックス』シリーズのウォシャウスキー兄弟が製作、脚本を手掛けている。 先日の景品DVDを早速鑑賞してみました。 まず『V』がひたすらカッコいい。疾風のような剣捌き、紳士的な立ち振る舞い…ミステリアスな仮面を付けているが、不思議と表情が感じられるような演技力を見せるのは、マトリックスでエージェントスミス、ロード.... [続きを読む]

受信: 2007年7月20日 (金) 01時51分

« 『出発点―1979~1996』街を捨て書を読もう! | トップページ | 『旅立ちの時』この映画を見て! »