« 『ゴッドファーザー』この映画を見て! | トップページ | 『ゴッドファーザーPART II』この映画を見て! »

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』この映画を見て!

第149回『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』
スタンリー・キューブリック特集7
Drstrangelove  今回紹介する作品は米ソ冷戦下における核戦争の恐怖を鬼才キューブリック監督が徹底的に皮肉ったブラックコメディの傑作『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』です
 私がこの作品を出会ったのはキューブリック作品に熱中していた高校生の時でした。その時は核戦争という重いテーマを扱いながら、これだけ観客を笑わせ考えさせる映画を作れるキューブリック監督にとても尊敬したものでした。

 一人の狂った軍人によるソ連への核攻撃命令。それを何とか食い止めようとする米ソ首脳や軍人たち。しかし、混乱した状況の中で、結局世界の破滅は食い止められず、地球は放射能の灰で包まれるという悲惨なオチで幕を閉じます。
 この作品でキューブリックは情報が遮断された状況で冷静に判断できなくなる人間の脆さや人間が作り出したテクノロジーを人間が制御できなくなる滑稽さをクールに描きます。
その描き方はとてもデフォルメされているにも関わらず、どこか現実的な生々しさがあります。
 どんなに巨大で完璧なシステムを作っても、そのシステムを扱う人間のミスにより、人間に逆に多大なダメージを与えてしまうという悲劇。
 システムが巨大になればなるほど、各部門ごとの動きが分からず、自分は正しいことをしていると思っていたのに実は間違ったことをしてしまっているという恐怖。
 この映画で描かれていることは今現在でも起こりうる悲劇であり恐怖であると思います。 

 またこの作品はセックスを暗示させる映像やエピソードが随所に挿入されています。
 オープニングの空中給油シーンは男女のセックスをイメージさせますし、ラストのコング少佐がまたがる核爆弾はもろペニスを連想させます。
 出てくる登場人部もセックスに強い感心をもっており、ソ連に核攻撃の命令を出した軍人は自分の性欲の衰えがソ連による陰謀が原因だと思い込んでいますし、マッドサイエンティストのDr.ストレンジラブは地下のシェルターを男たちのハーレムにしようと提案します。
 ラストのDr.ストレンジラブ立って「歩けます」と言って終わるシーンの意味が分からないという人もいますが、あのシーンは男として俺はまだまだセックスができるということをアピールしているのです。
 だからタイトルにもあるように博士は心配するのを止めて水爆を愛するようになったのです。
 そのシーンの後に水爆が爆発するシーンが延々と流れますが、それは人類の滅亡を示唆しているだけでなく、戦争によって欲情した男たちの射精を意味しているのです。
 キューブリックはこの作品で男性の性的衝動と戦争の密接な関係を巧みに描いています。

 この作品の大きな見所はストーリーはもちろんのこと、ピーター・セラーズの一人三役の演技とキューブリックのクールな映像と演出です。
 ピーター・セラーズは『ピンク・パンサー』シリーズが有名な俳優ですが、ここでは英国大佐、大統領、マッド・サイエンティストという全くタイプの違う役を一人で見事にこなしています。特にドイツから来たマッド・サイエンティスト・Dr.ストレンジラブの演技は最高に面白いです。
 またキューブリックの演出はドキュメンタリータッチで淡々としているのですが、戦闘シーンはニュース映像を見ているかのような迫力がありますし、国防省作戦室のシーンは独特なセットが印象に残ります。音楽のセンスも素晴らしく、映画のエンディングに甘美な女性の声による「またお会いしましょう」という歌を流すという痛烈さ。さすがキューブリックだなと思える選曲です。

 ここまで完成度の高いブラックコメディの作品はなかなかお目にかかれないと思いますので、ぜひ多くの人に見て欲しいです! 

製作年度 1964年 
製作国・地域 イギリス/アメリカ
上映時間 93分
監督 スタンリー・キューブリック 
原作 ピーター・ジョージ 
脚本 スタンリー・キューブリック 、ピーター・ジョージ 、テリー・サザーン 
音楽 ローリー・ジョンソン 
出演 ピーター・セラーズ 、ジョージ・C・スコット 、スターリング・ヘイドン 、キーナン・ウィン 、スリム・ピケンズ 、ピーター・ブル 、トレイシー・リード 、ジェームズ・アール・ジョーンズ 

|

« 『ゴッドファーザー』この映画を見て! | トップページ | 『ゴッドファーザーPART II』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

スタンリー・キューブリック」カテゴリの記事

戦争映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

キューブリック監督の映画は見た者にさまざまな解釈の余地を残してくれるところが大きな魅力ですよね。
この作品も単なる反核映画ではない奥深さがあり、何度見ても楽しめる作品になっていると思います。

投稿: とろとろ | 2007年3月12日 (月) 22時36分

TB、感謝です♪♪♪

>キューブリックはこの作品で男性の性的衝動と戦争の密接な関係を巧みに描いています。

なるほど、フロイトのリビドーで解釈を試みれば、
鮮明に理解が進むですね。
カゴメはそこまで気がつけませんでした。
うーーーん、残念!!

ジョージ・C・スコットのタージドソン将軍と、
セクシーな秘書(?)とのシーンも、
その後の将軍の言動を見ると意味深でありますね(笑)。

投稿: カゴメ | 2007年3月 8日 (木) 10時04分

TB有難うございます。なかなか深い観方、
恐れ入りました。勉強になります。
また来ますね。

投稿: jazzyoba0083 | 2007年3月 8日 (木) 00時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/14141757

この記事へのトラックバック一覧です: 『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』この映画を見て!:

» 博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか [シェイクで乾杯!]
博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか1964年度・英/米・94分 DR.STRANGELOVE Or:How I Learned To Stop Worrying And Love The Bomb ■監督/製作:スタンリー・キューブリック ■出演:ピーター・セラーズ/ジョージ・C....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 23時04分

» 博士の異常な愛情 [映画!That' s Entertainment]
●「博士の異常な愛情・または私は如何にして心配するのを                   止めて水爆を愛するようになったか」     Dr.Strangelove:or how I learned to stop worrying and love the bomb」 1964 アメリカ コロムビア映画 93分 監督:スタンリー・キューブリック 出演:ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン他 言わずと知れた、巨匠キューブリックの不朽... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 00時03分

» ★「博士の異常な愛情」、今観ても新鮮だね★ [★☆カゴメのシネマ洞☆★]
「博士の異常な愛情」(1964) 英/米DR. STRANGELOVE:OR HOW I LEARNEDTO STOP WORRYINGAND LOVE THE BOMB 監督:スタンリー・キューブリック製作:ヴィクター・リンドン原作:ピーター・ジョージ脚本:スタンリー・キューブリックピーター・ジョージ テリー・サ....... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 10時04分

» 博士の異常な愛情 [象のロケット]
東西の冷戦下。 米戦略空軍基地の司令官が発狂し、ソ連に向け爆撃機が発進…。 冷戦と核の恐怖を描く社会派ブラックコメディ。 [続きを読む]

受信: 2007年3月12日 (月) 22時37分

« 『ゴッドファーザー』この映画を見て! | トップページ | 『ゴッドファーザーPART II』この映画を見て! »