« エン二オ・モリコーネの魅力 | トップページ | 『ドリームガールズ』この映画を見て! »

『クラッシュ』この映画を見て!

第146回『クラッシュ』
Crash  今回紹介する映画は昨年のアカデミー賞で作品賞を始め3部門を受賞した群像ドラマ『クラッシュ』です。
 この映画の監督と脚本を手がけたのは『ミリオンダラー・ベイビー』や『父親たちの星条旗』などイーストウッド監督の最近の映画の脚本を手がけたポール・ハギス。彼は今アメリカで一番注目されている脚本家です。彼の脚本の特長してアメリカの社会の闇やマイノリティの哀しみを真正面から描く点と、人間の多面的な部分や人生の陰影といったものを巧みに描く点が挙げられます。そんな彼が始めてメガホンを取った『クラッシュ』。この映画も彼の特長がよく表れています。
 クリスマス間近のロスのハイウェイで起きた交通事故。それをきっかけに、さまざまな人種、階層、職業の人々が織り成す2日間の人間ドラマが描かれます。
 一見何のつながりもない7組14人の登場人物たち。白人の地方検事とその妻、黒人刑事と同僚でスペイン系の恋人、黒人のTVディレクター夫妻、自動車強盗の黒人の若者2人、雑貨店を営むアラブ系の家族、黒人の鍵の修理屋、差別主義者の警官とそんな彼の態度に反感を持つ若い白人の警官。それぞれの人物が持つ憎悪や哀しみ、そして苦悩。そんな彼らがふとしたことをきっかけに結ぶつき、ぶつかり合い、お互いの抑えていた感情をむき出しにしていきます。
 この映画はアメリカという様々な人種の人たちが生活していく中でどうしてもおきてくる摩擦や差別の生々しい実態を描くと同時に、そんな中でも人と人が結びつきあうことの大切さや温かさといったもののを描きます。

 私がこの作品を見て一番印象に残ったのは登場人物に悪人がいないと言うことです。この映画は黒人を蔑視する嫌な白人にも抱えている苦悩があったり、人間らしい一面があったりすることを描くことで、アメリカが抱えている差別の根深さや哀しみといったものを浮き彫りにしていたと思います。
 差別とは悪い人間がする行為でなく、誰もが差別の被害者にも加害者にもなりうる存在であるというところが悲しく恐ろしいところだとこの映画を見て改めて思いました。
 
 差別は人間がいる限りなくならないかもしれません。でも差別があったとしても、この世界は生きるに値しますし、人と人はぶつかりあいながらもつながりあうこともできる。映画のラストはかすかな希望を見る者に与えます。それは過酷な現実の中にも生きていく人々に対する監督からのエールなのだと思います。
 
 差別はいけない、そう分かっていても差別してしまう私たち。そんな私たちがどう生きていくべきか、そんなことを考えさせてくれる傑作です。
 
制作年度 2004年 
製作国・地域 アメリカ
上映時間 112分
監督 ポール・ハギス 
脚本 ポール・ハギス 、ボビー・モレスコ 
音楽 マーク・アイシャム 
出演 サンドラ・ブロック 、ドン・チードル 、マット・ディロン 、ジェニファー・エスポジート 、ウィリアム・フィクトナー 、ブレンダン・フレイザー 、テレンス・ハワード 、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス 、タンディ・ニュートン 、ライアン・フィリップ 

|

« エン二オ・モリコーネの魅力 | トップページ | 『ドリームガールズ』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

人間ドラマ映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございました。
「クラッシュ」は、映画館で見た時より、DVDを買って何度も見直してから、好きになった映画でした。
何度も見返したくなる映画です。
新しい発見も多いので。

投稿: 映画好きなK | 2007年2月28日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/14060191

この記事へのトラックバック一覧です: 『クラッシュ』この映画を見て!:

» クラッシュ [映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α]
ぶつかりあう人間達。 それぞれが微妙に関係していく人間ドラマが面白い。 全く別々立場の人間が多く出てくるので、 人間関係やら混乱しないかなぁ、、と思ったけれど 何故かわかりやすく。 ... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 00時59分

» 『クラッシュ』 [試写会帰りに]
スペースFS汐留「クラッシュ」Crash試写会。 映画の冒頭から延々と続く、登場人物達のあからさまな人種差別発言に、嫌悪感と疲労感がつのっていくような、あるシーンの前までに感じていた気分と、そのシーン以降、見終わった後の感想、感じ方がガラっと変わる映画でした。 ..... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 01時11分

» クラッシュ [タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌]
製作年度 2004年 製作国 アメリカ 上映時間 112分 監督 ポール・ハギス 製作総指揮 アンドリュー・ライマー 、トム・ヌナン 、ジャン・コルベリン 脚本 ポール・ハギス 、ボビー・モレスコ 音楽 マーク・アイシャム 出演 サンドラ・ブロック 、ドン・チー....... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 05時22分

» クラッシュ [日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~]
冬のクリスマスが近づいたロサンゼルス。ロス市警の黒人刑事グラハムと同僚で恋人のリアは交通事故に巻き込まれます。グラハムは、その事故現場の脇で発見された若者の死体の捜査現場を目にします。そこから、時は36時間遡り...。 貧しい黒人、裕福な黒人、メキシコ人、中国... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 07時23分

» TAKE 39「クラッシュ」(2004年) [映画回顧録〜揺さぶられる心〜]
第39回目は「クラッシュ」(2004年)です。 この作品はまず説明からさせてください。 この映画は「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めた ポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃の ヒューマン群像サスペンスです。 そして本年度アカデミー賞 主要3部門を獲得しました!! ◆作品賞受賞:「クラッシュ」 ◆脚本賞受賞:ボビー・モレスコ、ポール・ハギス ◆編集賞受賞:ヒューズ・ウィンボーン <あらすじ> 様々な人種が... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 09時12分

» クラッシュ [Akira's VOICE]
社会への警鐘と同時に, あたたかいメッセージも込められた群像劇。 [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 10時21分

» クラッシュ [【極私的】Movie Review]
原題…CRASH 監督…ポール・ハギス 出演…マット・ディロン/ドン・チードル/テレンス・ハワード/ルダクリス 極私的満足度…○ アメリカの本音? 言わずと知れた、2006年アカデミー作品賞をかっさらった作品。受賞前は平日閑古鳥の鳴いていた劇場も、受賞直後から大入..... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 17時03分

» N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) [サーカスな日々]
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物の誰もが、「風が吹けば桶屋が儲かる」とでもいうしかない、偶然とも必然ともいえる、複雑系の因果律にセットされていく。個別の波紋(事件)からは、全体を俯瞰することはで�... [続きを読む]

受信: 2007年2月27日 (火) 18時01分

» クラッシュ [映画DVDのレビューブログ「シネマパラダイス」]
第78回アカデミー賞で、作品賞を受賞した映画「クラッシュ」 本命だと思われていた「ブロークバック・マウンテン」を抑えて受賞しました。 クリント・イーストウッド監督の「ミリオンダラー・ベイビー」で劇場用映画の脚本家デビューを果たしたポール・ハギス初監督作品。...... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 00時40分

» 映画『クラッシュ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサンゼルスが舞台、群像劇だが、特に印象的・・というよりも衝撃的でさえあったのは、ヒ... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 03時05分

» クラッシュ [映画、言いたい放題!]
本命と言われた作品を差し置いて アカデミー作品賞を取ったこの作品。 DVDで鑑賞。 クリスマス間近の天使の街ロサンゼルス。 人種差別が渦巻くこの街で起きた1件の自動車事故が 思いもよらない“衝突”の連鎖反応を生み出し、 この街で暮らすさまざまな階層、さ... [続きを読む]

受信: 2007年2月28日 (水) 15時25分

» リュダクリスさん大好き人です [洋楽ランキング・ヒットチャートトップ10(歌詞付)]
クラッシュ辺りからなのですがリュダクリスさん好きです(^_^)曲紹介してますのでよろしければ~ [続きを読む]

受信: 2007年3月 3日 (土) 01時24分

« エン二オ・モリコーネの魅力 | トップページ | 『ドリームガールズ』この映画を見て! »