« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »

2006年3月26日 - 2006年4月1日

『障害者の経済学』街を捨て書を読もう!

『障害者の経済学』 著:中島隆信 東洋経済新報社
障害者の経済学

 私は障害を持つ人の支援を仕事としているのですが、今回紹介する本は私にとって興味深い内容の本でした。障害者福祉や障害者問題というと、障害を持った人が身近にいないといまいちピンとこないと思います。障害者福祉や問題というと、どうしても当事者や家族、福祉関係者以外は無関心になりがちです。日本では障害を持つ人をどうしても弱者として遠ざけがちです。そのため、どうしても一般の人は障害を持つ人が社会で生きていくうえで抱える現状や問題を知る機会がとても少ないです。テレビなどでも一部を除き、障害をもっていてもがんばる人たち等の姿は取り上げても、生々しい実態はなかなか取り上げられません。
 そんな中で、この本は脳性まひの子どもを実際に持つ経済学者が、経済学という視点から冷静に日本の障害者を取り巻く現状を分析して、一般の人に障害者をとりまく現状や問題を分かりやくすく解説しています。
 親、施設、学校は本当に障害者本人の方を向いているのか?多額の予算は障害者本人のニーズに合わせて使われているのか?子供を自立させることをためらう障害者の親、設備は立派だがニーズにこたえきれていない施設、使いづらい運賃割引制度などについて経済学の視点から冷静に分析しています。
 障害当事者や福祉関係者が読むと耳が痛い部分や違和感を感じたり、抵抗を感じる部分もあると思います。福祉というと今まで経済行為とは無関係であるという考えがありました。そのため経済という視点で福祉や障害者問題の話しが進んでいくのはとても刺激的でした。
 著者は今障害を持つ人が抱えている問題をとても綿密にリサーチしており、日本の障害者を取り巻く課題が分かりやすく整理されています。そして経済学の視点から今後の福祉のあり方や障害を持つ人の支援のあり方を考える上で大切なことがたくさん書かれています。
 ニーズを一定の制度の枠内に何とか入れ込もうとするシステムから、ニーズの多様性を尊重するシステムへどうしたら変えていけるか、この本で著者はさまざまな提案をしています
。ぜひ、障害者やその関係者、そして一般の人もこの本を読んでいろいろ考えて欲しいと思います。

序章 なぜ『障害者の経済学』なのか
第1章 障害者問題がわかりにくい理由
第2章 「転ばぬ先の杖」というルール
第3章 親は唯一の理解者か
第4章 障害者差別を考える
第5章 施設は解体すべきか
第6章 養護学校はどこへ行く
第7章 障害者は働くべきか
第8章 障害者の暮らしを考える
終章 障害者は社会を映す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ムーラン・ルージュ』この映画を見て!

第64回『ムーラン・ルージュ』
moulin_rouge 今回紹介する映画は私の大好きなミュージカル映画『ムーラン・ルージュ』です。私はミュージカル映画は大好きで昔からよく見ていたものでした。しかし、ここ最近はこれと言ったミュージカル映画があまり制作されていなかったので、『ムーラン・ルージュ』を見たときは久しぶりの本格ミュージカル映画に興奮したものでした。
 この映画を最初に見たときは、色彩豊かで幻想的な映像美と既成曲を大胆に取り入れた音楽の美しさと躍動感、そしてバス・ラーマン監督のパワフルさと繊細さを兼ね備えた演出に圧倒されました。ここまでポップでキッチュなミュージカル映画はなかなかないと思います。
 ストーリー:「19世紀末のパリの夜を象徴するナイトクラブ“ムーラン・ルージュ”。愛を求める貧乏作家クリスチャンは、ある夜ムーラン・ルージュで高級娼婦サティーンに出会う。サティーンはムーラン・ルージュを抜け出し、本格的な役者になることを憧れていた。恋に落ちる二人。しかしクラブはそのころ経営困難で、支配人のジグラーはウースター公爵にサティーンを紹介して、クラブの経営支援をしてもらおうと考えていた。公爵はサティーンを自分の女とすることを引き換えにクラブのショーの出資を引き受ける。公爵の目を気にしながらも、愛を深める2人。しかし、そんな彼らに悲劇が訪れる・・。」
 ストーリーはとてもシンプルな悲劇のラブストーリーです。ある意味とてもべたな話なのですが、そんな話を色彩豊かで絢爛豪華な映像と20世紀を代表するポップナンバーを使用した音楽が最高に盛り上げてくれます。
 まず映像ですが、華麗な美術や衣装は見る者をうっとりさせますし、大胆なカメラーワークや短いカット割りは躍動感を映像に与えています。またミュージカルシーンでのCGを多用した幻想的な映像表現は見ていてとても楽しいです。
 音楽もエルトン・ジョンやマドンナ、デビット・ボーイなどの有名なポップスナンバーからの引用が多いのですが、ストーリーにとてもぴったりはまっています。セリフで言われると気恥ずかしくなるような愛の言葉も歌を通して伝えられるとすっと胸に入ってきます。これは音楽のなせる力だと思います。出演している役者たちの歌い方がとても上手なのも大きな驚きです。特にユアン・マクレガーの歌声は最高です!
 この映画は映像も音楽もポップで美しく、見ていて楽しく、それでいて後半はウルッときます。ミュージカル好きな人もそうでない人もとても楽しめると思いますので、ぜひ見てみてください!
制作年度 2001年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 128分
監督 バズ・ラーマン 
脚本 バズ・ラーマン 、クレイグ・ピアース 
音楽 クレイグ・アームストロング 、マリウス・デ・ヴリーズ 、スティーヴ・ヒッチコック 
出演 ニコール・キッドマン 、ユアン・マクレガー 、ジョン・レグイザモ 、ジム・ブロードベント 、リチャード・ロクスバーグ 

| | コメント (3) | トラックバック (4)

« 2006年3月19日 - 2006年3月25日 | トップページ | 2006年4月9日 - 2006年4月15日 »