« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »

2006年3月5日 - 2006年3月11日

『キング・コング』アカデミー賞3部門受賞おめでとう!

kingkong_dvd  昨年公開された映画で私の一番のお気に入りの『キング・コング』。何とアカデミー賞で音響賞・音響編集賞・視覚効果賞の3部門受賞を果たしました。技術部門での受賞とはいえ、昨年公開された娯楽大作映画の中では一番印象に残った作品だったのでしょう!  昨年は『スターウォーズ・エピソード3』や『宇宙戦争』・『ナルニア国物語』など数々の超大作が公開されましたが、『キング・コング』はSFXのクオリティーとストーリーの面白さでは一番だったと思います。監督の強い思い入れとこだわり、それを支えたスタッフたちの成果がアカデミー賞で評価されたのは嬉しい限りです。上映時間の長さやテンポの悪さから興行収入は思ったより伸び悩みましたが、この作品はきっと歴史に残る怪獣映画となるでしょう。まもなくDVDも発売されますし、ぜひ劇場で見逃した方はご覧ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『乙女の祈り』この映画を見て!

第59回『乙女の祈り』
見所:「自分たちだけの世界を創りあげた少女たちの友情と狂気。」
Heavenlycreatures  今回紹介する映画は『ロード・オブ・ザ・リング』を監督したピーター・ジャクソンが思春期の揺れる少女たちの心情を丁寧に描き、高い評価を得た作品です。ピーター・ジャクソンというとスプラッターホラーやファンタジー映画で世界中の映画ファンを虜にした監督ですが、この映画では少女たちの繊細な心理を描くという新境地に挑んでいます。もちろん、監督の持ち味であるファンタジックな描写やグロイ描写も随所にありますし、ニュージランドの風景や幻想の世界の映像はとても美しく観客を虜にします。ストーリーも主人公たちの目線で終始語られていき、自分たちだけの世界に閉じこもっていき、狂気に至るまでの姿をとても説得力のある形で観客に伝えてくれます。
 ストーリー:「1954年のニュージランド。16歳の少女・ポーリーン・パーカーとジュリエット・ヒュームは、ストッキングにくるんだ煉瓦でポーリーンの母親を殴り殺す。その動機は『わたしたちの真実の愛』を引き裂こうとしたからだというものだった。多感な女子高生2人が自分たちの夢に溺れ、自分たちの邪魔をしようとする者を殺すまでの心理を丁寧に描いた幻想と狂気のドラマ。
 この映画は50年代ニュージーランドで実際に起こった事件を基に作られています。感受性が強く、現実よりも空想の世界にの居場所を見つける少女たち。そんな彼女たちが自分たちの空想の世界を守るために現実を排除しようとする姿は見ていて、狂気と共にどこか切なさを感じてしまいます。
 思春期の時に、現実に適応できず、本や漫画の世界にのめり込むことはよくあることです。また中高時代、いつも2人きりで行動して、2人きりの世界観を作っていた女子の姿もよく見られたものです。この映画で描かれる少女たちの姿は決して珍しいわけではありません。ただ普通の人はどこかで現実の世界と折り合いをつけるのですが、彼女たちはひたすら空想の世界に没入していってしまいます。現実をシャットアウトしてしまった少女たちの悲劇と、彼女たちの世界を理解せず、シャットアウトしてしまった周囲の者(親)たちの悲劇。この映画は現実に適応できなくなった思春期の若者たちが現実に追いつめられ、破綻するまでの心理を完璧に描いています。
 この映画は映像・音楽・脚本・演技と全てにおいてパーフェクトな映画です。動と静のコントラストが巧みなカメラワーク。彼女たちが作り出した架空の世界『ボロヴァニア王国』の幻想的でありどこか不気味な映像。多感で孤独な少女たちが周囲に追いつめられていくまでを説得力のある形で丹念に描く脚本と演出。ラスト15分の緊張感あふれる演出。主人公2人を演じる俳優たちのハイテンションで繊細な演技。この映画は見事としか言い様のないほど美しく、恐ろしく、哀しい映画です。
 ちなみに映画公開後に、この事件の主犯の一人であるジュリエットが、現在イギリスで活躍しているベストセラー作家のアン・ペリーであることが明らかになり、とても話題になりました。
 
製作年度 1994年
製作国・地域 ニュージーランド/アメリカ
上映時間 109分
監督 ピーター・ジャクソン 
製作総指揮 ハンノ・ヒュース 
脚本 ピーター・ジャクソン 、フランシス・ウォルシュ 
音楽 ピーター・ダゼント 
出演 メラニー・リンスキー 、ケイト・ウィンスレット 、サラー・パース 、クライヴ・メリソン 、ダイアナ・ケント 

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2006年2月26日 - 2006年3月4日 | トップページ | 2006年3月12日 - 2006年3月18日 »