« 『子連れ狼 三途の川の乳母車』この映画を見て! | トップページ | 宮崎学の本 »

私の映画遍歴8「ゾンビ映画」

Zombie  私の映画遍歴を語る上で外せないジャンルとしてゾンビ映画があります。ゾンビ映画というとB級感が漂い、良識的な映画ファンからは見向きもされないジャンルでありますが、一度はまると病みつきになる魅力があります。
 私が初めてゾンビ映画と出会ったのは小学生の時にテレビで見た『バタリアン』でした。この映画はゾンビ映画の名作『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』の続編という形で制作された映画でした。この映画はコメディタッチで描かれており、今見ると大して怖くないのですが、当時は死人が襲ってくる状況が怖くて震え上がったものでした。この映画を見て初めてゾンビ映画というものを意識したものでした。
 そして中学生の時に私をゾンビ映画の虜にしてしまったゾンビ映画の最高傑作『ゾンビ』にめぐりあいました。初めてこの映画に出会ったときは非常に衝撃を受けました。過激なゴアシーン、現代社会を風刺したストーリー、サバイバルアクションとしての面白さ、そして終末観に満ちた雰囲気。今まで見たホラー映画にはない風格といったものを感じ、ビデオを購入して何回も見直したものでした。(恐らく今までに50回以上は見ていると思います。)ショッピングセンターでの人間とゾンビの攻防戦と生き残った人間たちがショッピングモールを占拠する場面はこの映画最大の見所であり、魅力でもあります。私自身この映画を見るたびに自分がショッピングモールに立て籠もったらどう行動すべきかシュミレーションしたものでした。この映画を見ずしてゾンビ映画を語ることはできないと思います。
 『ゾンビ』を見た後、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』・『死霊のえじき』とジョージ・A・ロメロのゾンビ映画を見まくったものでした。ロメロのゾンビ映画は基本的にゾンビが襲う恐怖よりも人間の愚かさや醜さに焦点をあてて描いており、他のゾンビ映画にはない奥の深さがあります。昨年20年ぶりの新作『ランド・オブ・ザ・デッド』が公開されロメロファンを喜ばせした。映画の完成度はもう一つでしたが、ロメロらしい社会風刺が見られ、他のゾンビ映画にはない風格がありました。
 ロメロのゾンビにはまってから、他の監督のゾンビ映画も片っ端からレンタルビデオで借りて見たのですが、『サンゲリア』や『ブレインデッド』など少数の作品を除いては、シナリオがちゃちかったり、ゴアシーンが手抜きだったり外れの作品が多かったものでした。ゾンビ映画で面白いと思える作品はグログロなゴアシーンと大量のゾンビが人間を襲うシーン、そして終末観漂う雰囲気がきちんと描かれています。
 『バイオハザード』や『ドーン・オブ・ザ・デッド』など近年ゾンビ映画が再びブームとなり劇場公開されており、ゾンビ映画ファンとしては嬉しい限りです。特にジョージ・A・ロメロの作品をリスペクトしたコメディタッチのゾンビ映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』は久々の傑作でした。
 ゾンビ映画には人間の死に対する恐怖や人間の本来持つ暴力性・残酷さといった面を刺激し、人間の歪んだ欲望を満たしてくれます。
 

 私のお気に入りゾンビ映画 Best5

5位 『バタリアン』
バタリアン
見所:ユニークなゾンビの面々たち。そして衝撃の結末

4位  『サンゲリア』 
サンゲリア
見所:海中でのサメ対ゾンビの対決、目玉串刺しシーン。

3位 『ショーン・オブ・ザ・デッド』
ショーン・オブ・ザ・デッド

見所:イギリスらしいウエットとブラックに富んだユーモアの数々。

2位 『ブレインデッド』
ブレインデッド
見所:プール一杯の血糊を使ったラスト30分の展開の怒濤の展開。

1位 『ゾンビ』 
ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE
見所:この映画を見ずゾンビ映画は語れません!全て見所です。

|

« 『子連れ狼 三途の川の乳母車』この映画を見て! | トップページ | 宮崎学の本 »

ゾンビ映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

私の映画遍歴~映画に関するエッセイ~」カテゴリの記事

コメント

新しく生まれ変わったゾンビ国内版完全版新世紀ボックス5枚ロメロとアルジェント監修版吹き替え版がオマケ付きの惑星爆発シーンが有って購入した俺が、それを知らなくて最初に惑星爆発シーン付け加えたゾンビ国内版完全と思って購入しました。しかし、それを編集された人は、又、バカ見たいに惑星爆発シーン付け加えをしてなかった。本当に、腹が立つ。何を考えて居るのか、バカ見たいですね。

投稿: 田中孔治 | 2010年6月29日 (火) 07時51分

ゾンビ新世紀ボックスセット念願やっと手に入れました。が、惑星爆発シーンが入って居ない為で、腹が立っていております。ムカつきます。何ども、メール出しているのに、何故無いのか、惑星爆発シーンをつけて貰いたいです。腹が立って腹立って、もう、恨みたいですよ。

投稿: 田中孔治 | 2010年6月18日 (金) 16時12分

ゾンビのコレクターズボックスの発売、正直日本では無理と諦めていたのでうれしい限りではありますが、値段は2万を超えると確かに高いですよね。版権とかの都合でこんな値段になったのかもしれませんが、もう少し安く発売して欲しいですね。

投稿: とろとろ | 2010年3月 8日 (月) 23時30分

ゾンビ発売記念新世紀コレクターズが発売されるとの事で、金額が,2万二千円と事で、携帯電話で見ました。が、ちょっとそれは、余り高額ですが、余り人をおちょくっているのですが、人を馬鹿して居ます。幾ら何でも余り税金を取り上げ過ぎると思って居ませんか。ゾンビ好きな人を、5枚セットされる事を、それは、買わない。人は、居ますよ。人を馬鹿して居ますね。せめて。1万二千円なら仕方ない。と思って居ますね。少し。考えて貰いたいですね。

投稿: 田中孔治 | 2010年3月 8日 (月) 22時42分

いつも思って居ますが東京あたりには一番最初にゾンビをテレビ東京で放送されますが、何故ならば長崎県には放送されて居ません。長崎県から早くも放送して欲しいです。こちらからは馬鹿にして居ますよ。あの惑星爆発シーン入ったゾンビもです。映画館では一回しか放送上映されてビデオレンタルは入って居ないため本当にむかついて、借金ばかりして居ました。その後はまだ借金だらけです。この馬鹿野郎

投稿: 田中弘治 | 2009年3月 7日 (土) 22時04分

最近は、ゾンビをビデオで見ているので最初は、ションコネリーの惑星爆発シーンが別にDvDをかけて後から、ゾンビを見ました。するとワクワクドキドキしながら、最後まで、見ました。すると劇場そのものみたいに感覚なったつもりです。早く惑星爆発シーンが入って作って欲しいですね。テレビには、衛星デジタル放送なので、音が迫力満点です。惑星爆発シーン入れて欲しいよ。長崎県にテレビを放送して欲しいです。販売も惑星爆発シーン入れて欲しい俺は、恨みを晴らしてやるぞ

投稿: 田中孔治 | 2009年2月28日 (土) 13時22分

ロメロのゾンビは今でも見てもおかしくないですね。そのゾンビは最初から始まる前はタイトルが出てから惑星爆発シーンが出て来ます。何故DvD、に入れないのか本当に腹立ちますよ。映画間でそのもの状態ですれば良かったのになと思って居ます。本当に頭に来て居ます。俺はしつこい方です。何とか早く惑星爆発シーンを入れて欲しいです。テレビもです。何とか出来ないでしょうか

投稿: 田中弘治 | 2009年2月26日 (木) 01時41分

コメントありがとうございます。
ゾンビの惑星爆発シーンは日本がテレビ放映するときに追加したオリジナルの映像で、正規のゾンビには収録されてません。日本で初めて放映されたバージョンは音楽もサスペリアの音楽が収録されており、ぜひ日本でゾンビのBOXを発売するときは収録してほしいところです。

投稿: とろとろ | 2009年1月14日 (水) 21時42分

僕はすべてのゾンビ見て居ましたが、その中では、惑星爆発シーンが入った。ロメロのドーンオブザリビングデッドゾンビ完全版見ました。その時は、まだ成人式なっていない時でした。仕事の終わってからご飯食べてから、仲間と一緒に映画館に夜に行って見ました。本当に怖かったです。その頃は、同時上映中はブルースリーの死亡遊戯でした。良く覚えて居ますよ。ゾンビ完全版は時間帯が結構長かかったでした。だけど、今思うとそのゾンビ完全版は惑星爆発シーンが入っていません。DvDとビデオもです。何故入れないのかあの時はヘラルド会社の映画でした。俺は今でこも恨み持っています。僕は長崎県の人間です。執念持っています。馬鹿して居ますよ。

投稿: 田中弘治 | 2009年1月 9日 (金) 02時19分

どうもはじめまして。トラックバックをさせていただきました。私もロメロ監督を崇拝しておりまして、『ゾンビ』は死ぬほど観ました。ピーターが『ドーン・オブ・ザ・デッド』では伝道師役でチョイ出演していたので、感動しました。あの終末観あふれるスーパーマーケットはもうサイコーです。打ち震えてしまいそうです。
またお邪魔します。失礼しました。

投稿: ふぉんだ | 2006年11月 6日 (月) 00時20分

こちらこそ、コメント・TBありがとうございます。ブレインデッドはDVDが廃盤になっており、レンタルビデオ店で在庫がないと鑑賞できない状況になっています。この傑作が早く再販されることを願っています。
 ブレインデッドはゾンビ映画の集大成であり、この映画はゴア描写の頂点を極めています。監督なロード・オブ・ザ・リングのピーター・ジャクソンが手がけており、ストーリーもしっかりしていますよ。

 東京ゾンビは私も気になりつつまだ未見です。近いうちにレンタルしてみてみますね。

 ではまた遊びに来てください。

投稿: アシタカ | 2006年10月21日 (土) 22時34分

TBありがとうございました。

ゾンビマニアのご意見興味深く拝見しますた。
見てないのでブレインデッドこんど見てみようと思いました。

最近、東京ゾンビをみました。
ショーンオブザデッドとはまた違う「脱力コメディ」でしたw
原作者、製作者のゾンビ愛(なんだソレ)も何気に感じられました。

投稿: motti | 2006年10月21日 (土) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/12364121

この記事へのトラックバック一覧です: 私の映画遍歴8「ゾンビ映画」:

» ゾンビ映画とバンパイア映画 [ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!]
男の子たるや、ゾンビ、カンフー、ロックンロールに夢中にならなくてどうする?という格言があるかどうか知らないが。 僕が映画好きになった80年代は「特殊メイク」「SFX」なる言葉に代表されるように「脚本のみならず... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 18時43分

» 「ゾンビ」(Dawn of the Dead) [シネマ・ワンダーランド]
ゾンビ映画のパイオニア、名匠であるジョージ・A・ロメロ監督が1977年に撮った三部作の一つ「ゾンビ」(原題=Dawn of the Dead、米伊、140分)。第1作「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド」(68年)に続く本作はトム・サヴィーニの特殊メイクでよりパワーアップされた。大型ショッピングセンターを舞台に米国の消費社会を浮き彫りにし、さらにはアクション映画としての価値も見過ごすことはできない作品となっている。... [続きを読む]

受信: 2006年10月22日 (日) 13時58分

» 『ゾンビ』 [喜八ログ]
映画『ゾンビ(原題:Dawn of the Dead)』ジョージ・A・ロメロ(George A. Romero)監督(1978)について(2005-08-20 DVD 鑑賞)。 《ストーリー》人工衛星の落下事故により放射能が漏出する。その影響で死者たちが甦り、生者を襲い始めた。死者(ゾンビ...... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 20時55分

» バタリアン4(2005) [缶ビールとデニムシャツ]
私が最初にレンタルビデオ屋でレンタルした映画は『バタリアン』だった(なぜ!?)当時はまだ1本のレンタル代が1000円くらいだったり、ベータがあったり…。小学生だった私はまだ映画の字幕という文化に慣れておらず、おまけにこの『バタリアン』はおどろおどろしい書体(手書きか??)の字幕で、余計に怖さ倍増!!毛布にくるまって、指のすき間から観たものだ。 (ちなみにテレビで観た『バタリアン』の吹替えはサイコーだ!!) そこから私の『バタリアン』人生、大きく言えば『ゾンビ』人生は幕を開けたのだった…(オマ... [続きを読む]

受信: 2006年11月 6日 (月) 00時15分

« 『子連れ狼 三途の川の乳母車』この映画を見て! | トップページ | 宮崎学の本 »