« 『オールド・ボーイ』この映画を見て! | トップページ | 『エイリアン』この映画を見て! »

『ソウ』映画鑑賞日記

Saw  今回紹介する映画はラストの衝撃的などんでん返しが話題になったサスペンススリラー『ソウ』です。この映画は新人監督と新人脚本家がタッグを組み、低予算・短期間で制作されたのですが、公開されると評論家にも絶賛を受け、世界中で大ヒットしました。昨年にはパート2が制作され、今年の秋に全米でパート3が公開される予定になっています。

 ストーリー:「老朽化したバスルームで対角線上に倒れていた2人の男、ゴードンとアダム。その間には頭を銃で撃ち抜いた自殺死体があった。足を鎖でつながれ身動きがとれない男たちに与えられたのは、テープレコーダー・一発の弾・タバコ・着信用携帯電話、2本の糸ノコギリ。テープレコーダーに入っていた犯人からのメッセージは『6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか。』という内容だった・・・。一体誰が何の目的でこのようなことをしたのか?そして2人が選ばれた理由とは?」
 
 この映画はラストの衝撃的などんでん返しが話題になりましたが、私は昔からどんでん返しのある小説や映画が大好きだったこともあり、早い段階でこの映画の結末が予想できてしまいました。その為、他の人ほど映画のラストに衝撃を受けることができず、非常に残念でした。確かにこの映画の仕掛けに途中で全く気付かずに、あのラストを見たらかなり衝撃的です。ただ実際にあのような事を周囲に気付かれずに実行するのはかなり無理があるような気もします。
 また映画のラストのゴードンの衝撃的な行為も三池崇史監督の『オーディション』を見た後では特に目を覆うほどのシーンではありませんでした。
 
 映画の全体的な雰囲気は『セブン』に近く、かなり残酷なシーンや猟奇的なシーンも多いですし、結末の後味の悪さも『セブン』に勝るとも劣らないものがありました。ただ完成度で言うと『セブン』の方が明らかに上です。
 『ソウ』は結末に向けての伏線の張り方は巧みだと思うのですが、設定や展開、そして犯人の動機にどうしても無理があるように感じました。また人物描写も浅く、中盤の回想シーンを減らして、囚われた2人の心理描写にもっと焦点をあてたらより緊張感のある展開になったと思い残念でした。映画の脚本を担当したリー・ワネルは映画の冒頭と結末をまず思いつき、そこから脚本を書いていったそうで、中盤の展開をどうしていくか苦労したそうです。この映画は結末のどんでん返しが全てであり、話の展開や人間描写も結末に向けて強引に辻褄を合わせた感が否めません。

 私はいろいろこの映画にケチをつけていますが、最近公開されたサスペンススリラーの中では良くできた作品です。映画の途中で出てくる数々の殺人トラップも工夫が凝らされておりインパクトがありますし、伏線の張り方や謎が解明されていく後半の展開は観客を画面に釘付けにします。だからこそ、もう少し中盤の展開や心理描写が洗練されていたらと残念に思う次第です。
 
製作年度 2004年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 103分
監督 ジェームズ・ワン 
製作総指揮 ピーター・ブロック 、ジェイソン・コンスタンティン 、ステイシー・テストロ 
脚本 リー・ワネル 
音楽 チャーリー・クロウザー 、ダニー・ローナー 
出演 ケイリー・エルウィズ 、ダニー・グローヴァー 、モニカ・ポッター 、リー・ワネル 、トビン・ベル 

|

« 『オールド・ボーイ』この映画を見て! | トップページ | 『エイリアン』この映画を見て! »

ホラー・サスペンス映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画鑑賞日記」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。確かに私もあのような状況に置かれたら冷静になれないだろうと思います。ただあの医師のような行為は絶対にできないと思いますが。とにかく痛いく息苦しい映画でした。

投稿: アシタカ | 2006年10月 1日 (日) 23時21分

こんばんは。
生理的に受け付けない空間で、あんな状況に陥ったらと考えると空恐ろしくて胸が悪くなってきてしまいました。
犯人はなんとなくわかっても、まさかねぇ・・・気がつくだろう??って感じでしたけど(^^;
きっとあのゲームに私は勝てないなと改めて感じます。
うー、やだやだ(笑)

投稿: chibisaru | 2006年9月28日 (木) 20時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/12051408

この記事へのトラックバック一覧です: 『ソウ』映画鑑賞日記:

» ソウ(2004) SAW 103分 [極私的映画論+α]
薄汚れた広いバスルームで目を覚ました2人の男、ゴードンとアダム。彼らはそれぞれ対角線上の壁に足首を鎖で繋がれた状態でそこに閉じ込められていた。2人の間には拳銃で頭を撃ち抜かれた自殺死体が。ほかにはレコーダー、マイクロテープ、一発の銃弾、タバコ2本、着信専用携帯電話、そして2本のノコギリ。状況がまるで呑み込めず錯乱する2人に、「6時までに目の前の男を殺すか、2人とも死ぬかだ」というメッセージが告げられる…。そ... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 18時27分

» ソウ 今年の87本目 [猫姫じゃ]
ソウ をいをい、と突っ込みたくなるところが、結構ある、、、 あんなドジな刑事、いくらなんでも、、、 死んだふりしても、呼吸してしまうでしょ?? どうしてあんなにパニくっちゃうの??ま、そうでなきゃ、ソウ(SAW)の場面に持っていけない訳なんだケド、...... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 18時56分

» ■SAW −ソウ− [ルーピーQの活動日記]
老朽化したバスルームで覚醒する2人の男、アダム(リー・ワネル)とゴードン(ケアリー・エルウェス)。どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれ、身動きがとれない。部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体が転がっている。全くの不可解な状況で彼らに与えられたのは、..... [続きを読む]

受信: 2006年9月27日 (水) 21時10分

» #555 SAW-ソウ- [風に吹かれて-Blowin' in the Wind-]
製作:グレッグ・ホフマン、オレン・クールス 、 マーク・バーグ 監督:ジェームズ・ワン 原案:リー・ワネル 脚本:リー・ワネル 音楽:チャーリー・クロウザー 撮影:デイヴィッド・アームストロング 美術:ジュリー・バーゴフ 編集:ケヴィン・グリュータート 衣装(デザイン):ジェニファー・スーラージュ 出演者:ケアリー・エルウェス 、ダニー・グローバー 、モニカ・ポッター 、リー・ワネル 、マイケル・エマーソン、ケン・ラング、マッケンジー・ベガ、ショウニー・スミス、ベ... [続きを読む]

受信: 2006年9月28日 (木) 20時05分

» SAW3 怖すぎて公開危機 [流行通信★ハヤリものはコレだ!情報市場]
SAW3は、米ホラー映画。 怖すぎて公開危機にあっている。 SAWの1と2のあらすじは以下の通り。 目が覚めると、部屋の中央には死体。 対頂隅には足を鎖で繋がれた二人。 与えられたのは、テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。 「君たちは死につつある」 「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」 犯人から突如として与えられた謎と運命に動く事もまま成らない... [続きを読む]

受信: 2006年10月11日 (水) 06時12分

» WOWOW「ソウ SAW」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
観たい観たいと思っていた作品。ようやく観ることができました!レンタルで予約を入れてもなかなか借りることが出来ない状態でした。もうすぐパート2が公開ということで、早く観たかったんですよネェ!タイミングよくWOWOWでやってくれました!! 評判を聞いて、かな...... [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 05時40分

» SAWって怖いの? [ホラー映画って呪怨が怖いの?]
ソリッドスリラー ホラー映画初心者のすけきよです。「SAW3」が成人指定になるとかポスターが残酷すぎるなどといろいろ話題を振りまいているのようなので前2作を見てみました。 まずは「SAW」です。 [続きを読む]

受信: 2006年10月17日 (火) 21時39分

» SAW [映画、言いたい放題!]
数人の友人が面白いというのでビデオ屋で借りました。 古いバスルームで目を覚ました男2人。 どちらも片足を太い鎖でパイプに繋がれ、身動きがとれない。 部屋のほぼ中央には、頭部を撃ち抜いた死体。 全くの不可解な状況で彼らに与えられたのは、 テープレコーダーとテー... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 03時37分

» 音楽オーディション [オーディション越後屋@情報商店街]
音楽オーディションにもいろいろな方法が出てきました。 音楽オーディション(着うたデビュー)羽島ボーカルアカデミースクール をオーディション越後屋がオーディションしました。 羽島ボーカルアカデミーは、生徒のオリジナル作品をどしどし世の中に発表していこうと考えています。 現在、「ベスト☆ヒットをゴスペる」のサイト ... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 16時37分

« 『オールド・ボーイ』この映画を見て! | トップページ | 『エイリアン』この映画を見て! »