« 『ゲド戦記歌集』 | トップページ | 『魔女の宅急便』この映画を見て! »

『となりのトトロ』この映画を見て!

第111回『となりのトトロ』
Tonari_no_totoro  今回紹介する映画は国民的アニメと言っても過言ではない『となりのトトロ』です。この映画はテレビでも何度でも放映されており、誰しも一度は見たことがあると思います。私も小学生の時からテレビで放映される度に欠かさず見たものでした。個人的にはスケールの大きい『風の谷のナウシカ』や『天空の城ラピュタ』の方が昔はお気に入りだったのですが、大学生になったくらいから『となりのトトロ』の魅力が分かってきました。

 『となりのトトロ』の大きな魅力として、身近な自然の美しさを表現したところにあります。宮崎監督が昭和30年というまだ日本が高度経済成長期に入る前を舞台にしたのも、人間と自然が調和した美しい田園風景がまだ都会近郊にも残っていたからだそうです。この映画の背景を担当したのは男鹿和雄という人なのですが、自然を正直に捉えたいという宮崎監督の意向をくみ取り、草の描き方から土や植物の色まで様々な工夫を凝らしたそうです。また時間の経過も背景で表現しようと、時間ごとに影の描き方や背景の色の彩度を変えるなどしたそうです。監督がこの映画を製作した理由の一つとして、映画を見た子どもたちが身近な自然の美しさに気づき、実際に触れに行って欲しいという思いがあったそうです。監督の子どもたちへの思いが背景の美しさには込められています。

 また、この映画の魅力として、子どもの視点で物語が進んでいくところがあります。サツキとメイという2人の姉妹を主人公に設定し、子ども時代に誰もが持つ好奇心や感性の豊かさや鋭さを見事に表現しており、大人が見ると懐かしく感じ、子どもが見るとワクワクドキドキする話しに仕上がっています。身近な場所を冒険の舞台として、大人には見えない独自の世界を創りあげる子ども時代の素晴らしさや大切さが伝わってきます。
 お母さんが病気で家にいないという設定は宮崎監督の幼少期の体験が基になっているとのことで、母親が家にいない子どもたちの寂しさや不安・苛立ちといったものを映画の中でもリアルに表現しています。私はこの映画を見るといつも家で母親の代わりをしようとするサツキの健気さが切なくて胸が締めつけられます。サツキが病院でお母さんに髪を漉いてもらう場面はサツキと母親の切ない心情が伝わってくる名シーンです。

 トトロというキャラクターは日本で一番有名なアニメキャラクターだと思いますが、映画の中では親しみやすいけど神秘的でもある存在として描かれています。監督は変に人間っぽくしたり、逆にいかにも妖怪といった感じにもしたくなかったそうで、観客が神様と思おうが、もののけと思おうが、それはかまわないと言っています。宮崎監督は日本人が昔から持っていた森に対するアミニズム信仰の象徴としてトトロを描いたそうです。森を信仰の対象として畏怖し、大切にしてきた日本人の姿をトトロという不思議な生き物を通して監督は観客に伝えたかったとのことです。

 久石譲の音楽の素晴らしさもこの映画の大きな魅力の一つです。主題歌の「さんぽ」と「となりのトトロ」はもはや童謡の定番となっていますし、映画の途中で流れる「風の通り道」はシンセによって奏でられる爽やかなメロディーがとても印象的です。

 声優陣も最近のジブリ作品のように話題性でタレントを起用するのでなく、プロの声優を起用しているので、安心して聞くことができます。またコピーライターの糸井重里氏の起用も成功しており、優しいけど、どこか頼りないお父さんを見事に声で表現しています。お父さんがサツキやメイがトトロにあったことを馬鹿にすることなく、共感するセリフを言う場面は素敵だなと思います。

 この映画は何度見ても引き込まれる魅力があります。宮崎監督の子どもや森に対する思いがつまった『となりのトトロ』。きっとこれからも多くの子どもたちに夢や希望を与えることでしょう。

 


製作年度 1988年
製作国・地域 日本
上映時間 88分
監督 宮崎駿 
原作 宮崎駿 
脚本 宮崎駿 
音楽 久石譲 
出演 日高のり子 、坂本千夏 、糸井重里 、島本須美 、北林谷栄

|

« 『ゲド戦記歌集』 | トップページ | 『魔女の宅急便』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

アニメ映画」カテゴリの記事

ファンタジー映画」カテゴリの記事

宮崎駿とスタジオジブリ」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメント、TBありがとうございました。トトロは年を重ねるごとに素晴らしさが分かってきた作品です。久石さんの音楽もノスタルジックでファンタジックで、映画の雰囲気にあってますよね。

投稿: アシタカ | 2006年9月18日 (月) 09時35分

はじめまして。
TB返しさせていただきました。

投稿: 綾花 | 2006年9月18日 (月) 00時00分

こんばんは、そしてはじめまして。
TBどうもありがとうございました!
こちらからも送らせて頂きました。

トトロいいですよね。私も大好きです。特にあの音楽が!聴いてるととても懐かしくなってくるんです。
内容も、音楽も、そして声優さんたちもとても良かった。大好きな作品の1つです。

投稿: ヨウコ | 2006年9月17日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/11935600

この記事へのトラックバック一覧です: 『となりのトトロ』この映画を見て!:

» (今日の映画)となりのトトロ [Kozmic Blues by TM]
となりのトトロ (1988/日) My Neighbor Totoro Tonari no Totoro [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 22時55分

» 「となりのトトロ」 [日々思うこと]
昨夜はTV放送されていた「となりのトトロ」を見ました。 [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 23時04分

» 「となりのトトロ」 [同じ空の下で]
小学生の時、テレビで見て、大きなトトロがサツキとメイといっしょに空を飛ぶシーンで「うわー怖いなー」って思ったことを思いだしました。二人ともしがみついてるだけだったから。 あの白い小トトロがかわいい。 大人になってまた見てみると、違う感想になります。 メイがトトロのいる森へ入って、大きな穴(その中で巨大なトトロが寝ていた)を見つけるんですけど、あれって神隠しっぽいな、と。 それと、メイがお母さんにとうもろこしを届けようとして、どこにいるのかわからなくなってしまうシーン。途中で、おばあさ... [続きを読む]

受信: 2006年9月17日 (日) 23時57分

» 「となりのトトロ」レビュー [映画レビュー トラックバックセンター]
スタジオジブリアニメ映画 「となりのトトロ」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *原作・脚本・監督:宮崎駿 *キャラクター(声優):草壁サツキ(日高のり子)、草壁メイ(坂本千夏)、トトロ(高木均)、ネコバス、ススワタリ/まっくろくろすけ、草..... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 07時53分

» となりのトトロ [のほほん便り]
宮崎駿監督、いわく。 「なんでもないようなことでも、丁寧に描けばおもしろくなる」とのことですが、まさに、そのお手本!のような作品ですよね。 名作のアカシ… それは「何度みても、発見がある」って部分かもしれません。 クリアな映像でみる今回は、今まで以上に「惹きこまれ」ました。だって、なにげないシーンほど、ほとんど驚嘆レベルに、きっちり描き分けられてるんですもの。 たとえば、食事シーンひとつとっても、朝、バタバタとあわただしく食べる御飯と、昼間の畑で、おばあちゃんと一緒にパリポリ食べ... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 07時54分

» 映画『となりのトトロ』 [多趣味が趣味♪]
『となりのトトロ』1988年 監督・脚本・・・宮崎駿 《Vice》 サツキ・・・日高のり子 メイ・・・坂本千夏 お父さん・・・糸井重里 お母さん・・・島本須美 小学6年生のサツキと4歳の妹メイ、お父さんが引っ越してきたおんぼろな家の隣には、遠く見上げるほどに大きなクスノキの森があった。 やがて2人はその森の主である「へんないきもの」トトロと出会い、胸躍る体験をすることになる…。 となりのトトロ 『ゲド戦記』を明日公開に控え、 金曜ロードショーで放送された『となり... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 10時56分

» となりのトトロ [新・ぴゅあの部屋]
1988年 監督:宮崎駿 「となりのトトロ」(★★★★★) 夏といえば、トトロの季節! もう何度も見てるから、何を書いていいかわかんないけど、 ジブリで一番好きだから、何度でも見ちゃうw やっぱり、美しい自然と温かい家族愛が素晴らしいです。 ...... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 16時05分

» となりのトトロ [どうしようかなぁ]
『となりのトトロ』 監督:宮崎駿 日本/1988 久しぶりに見たので初めて見るような感覚。 最初のメイとサツキの家に対しての 『ボローい!』 『アハハハ!!!』 って感じ。 ぼろい家に対して笑えるなんて今の私にはなかなかできないよなーと思っちゃいました。 生きててやってることが全て楽しい!! というあの感覚がとてもうらやましいと見ていてしみじみ思いました。 となりのトトロ ... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 20時17分

» となりのトトロ [王様の耳はロバの耳2.0]
[映画 となりのトトロ](TV視聴) 全部通してちゃんと見たのは随分ひさしぶり。 何回見ても、良い映画ですね。 そして、やっぱり宮崎駿監督の素晴しさ。 主人公のサツキとメイの声優がプロであることも大きなポイント。... [続きを読む]

受信: 2006年9月18日 (月) 20時17分

» TVで『となりのトトロ』を観た。久しぶり! [Mon plaisir ☆]
となりのトトロブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメントこのアイテムの詳細を見る 久しぶりに観ました〜。懐かしいっ♪ 昭和30年代を舞台に、家族愛、姉妹愛がいーっぱいつまった心温まるストーリー。 メイちゃん、純粋無垢で好奇心旺盛で、本当に可愛いんだ{/heartss_pink/} サツキちゃんは、お姉ちゃんだからしっかりしなきゃ!ってメイちゃんの前では頑張ってるけど、やっぱりパパやママに優しく頭をなでられると泣いちゃう�... [続きを読む]

受信: 2006年9月20日 (水) 00時01分

» 金曜ロードショー『となりのトトロ』 [はにわ庭]
実は『となりのトトロ』をちゃんと観たのはこれが2回目。 田舎で暮らした経験もなかったし、泥んことか虫とか苦手な幼少時代を 送ってたので、初めて観たときは今回ほど泣きは入らなかったと思う。 なんか今回は、(都会のほうが好きなはずなのに)田舎の風景に心癒され、 サツキとメイ両方に感情移入でき、もーとっても面白かったし泣けた。 病院から知らせがきて、「おかあさんが死んじゃったらどうしよう」と サツキがおばあちゃんの前で�... [続きを読む]

受信: 2006年9月25日 (月) 20時36分

« 『ゲド戦記歌集』 | トップページ | 『魔女の宅急便』この映画を見て! »