« 『ゲド戦記』映画鑑賞日記 | トップページ | 『ラブ&ポップ』この映画を見て! »

『キッズリターン』この映画を見て!

第87回『キッズリターン』北野武特集5
Kids_return  今回紹介する映画は青春映画の傑作であり、北野武監督の代表作でもある『キッズリターン』です。この映画は北野武がバイク事故で生死の淵をさまよった後に制作された映画で、北野監督の今までの映画とは作風が少し違います。北野監督の作品というと死と暴力の匂いが立ち込めた映画が多く、主人公が死んでいく作品がほとんどです。しかし、この映画は主人公が最後まで生き残ります。それも、生きることに対して何とも積極的な終わり方であり、生きることに対する肯定観に満ちています。これは他の北野作品では見られないものであり、監督の事故による影響が大きく反映されています。
 ストーリー:「シンジとマサルは落ちこぼれの高校生。授業をサボり、いつもぶらぶらしていた。先生からは落ちこぼれと馬鹿にされ、カツアゲばかりしていた。そんなある日、マサルは以前カツアゲした高校生の友人のボクサーにぼこぼこにされる。それ以来マサルはケンカに強くなろうとシンジを誘ってボクシングジムに入る。マサルほど乗り気でなかったシンジだが、ジムで認められたのはシンジの方であった。マサルはショックを受け、ジムを飛び出して、ヤクザの世界へと足を踏み入れる。それぞれの世界でめきめきと頭角を現すシンジとマサル。しかし、彼らは大人社会の醜さと彼ら自身の未熟さを思い知ることになる・・・」
 私は始めてこの映画を見たとき、心がヒリヒリする感じを覚えました。落ちこぼれの2人が何とか這いあがろうとしながら、結局上手くいかない姿は見ていて、とても切ないものがありました。
 この映画が秀逸なところは普通の青春映画にはない主人公たちの挫折していく姿が描かれるところにあると思います。背伸びして大人の世界に足を踏み入れていこうとする2人の足を引っ張る大人の世界の醜さや厳しさ。この映画は社会の醜さや厳しさがリアルに描かれているので、主人公たちが転落していく姿がとても生々しく、胸に迫るものがあります。特にシンジの足を引っ張るモロ師岡演じる林という中年ボクサーの姿は挫折した人間の悲哀と愚かさが見事に表現されていました。
 この映画は主人公2人の話とは別にサイドストーリーで漫才師を目指す2人組みの高校生や喫茶店の娘に恋する高校生の話も描かれています。漫才師を目指す2人組みは最初は馬鹿にされるものの、こつこつ努力して成功するという結末は主人公2人の結末と相反しており、とても印象に残りました。この漫才師のストーリーは北野監督の自伝的な要素も含まれているのでしょう。
 喫茶店の娘に恋する高校生はまじめに努力して結婚までするものの、結局うまくいかないという結末で、一番見ていて、切なくやるせない気持ちになりました。
 自分の人生を切り開こうとしながら、社会の壁や己の未熟さから挫折していく人たちの姿が描かれており、切なさと哀しみに満ちた作品ではありますが、映画のラストはとても清清しく希望に満ち溢れています。挫折した2人が自転車に乗りながら会話するラストシーン。「もう俺たち終わりかな・・・」というシンジの言葉に、マサルが最後に言う言葉はとても力強く、生きることへのポジティブさに満ち溢れています。私はこのラストのマサルの言葉を聞きたいがために何回もこの映画を見直すほどです。(どんな言葉かは是非実際に映画を見て確認してください。)
 
 もちろん、この映画は北野作品としての魅力にも満ち溢れています。キタノブルーといわれる北野監督ならではの青みがかった映像はとても印象的ですし、久石譲の手がける音楽もいつもながら素晴らしい仕上がりになっています。特に今回の音楽は若者の持つエネルギーや生きることの切なさや悲しみ、そして生きることへのポジティブさに満ち溢れており、映像とマッチした音楽となっています。個人的には北野作品の中でこの映画の音楽が一番好きです。
 さらに北野監督の演出も冴え渡っており、若い時に誰しもが感じる焦りや不安、孤独、愚かさを見事に映像で表現しています。特にオープニングとエンディングの校庭でぐるぐる回る自転車のショットは、主人公2人の複雑な感情を見事に表現していたと思います。
 この映画はある意味とても冷徹で残酷な青春映画です。しかし、それでいてとても温かみがあり、北野作品の中でも一番誰しもが共感しやすく、感動できる作品だと思います。私としてはぜひ多くの人にこの映画を見てもらい、最後のセリフを聞いて欲しいです。

製作年度 1996年
製作国・地域 日本
上映時間 108分
監督 北野武 
脚本 北野武 
音楽 久石譲 
出演 金子賢 、安藤政信 、森本レオ 、山谷初男 、柏谷享助  、モロ師岡、寺島進、石橋凌、丘みつ子

|

« 『ゲド戦記』映画鑑賞日記 | トップページ | 『ラブ&ポップ』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

人間ドラマ映画」カテゴリの記事

北野武映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ソナチネさん、コメント&TBありがとうございます。本作品のラストの台詞は何回聞いてもハッとさせられますね。

投稿: とろとろ | 2009年6月28日 (日) 22時23分

はじめまして。
昨日、久々に当作品を観て感動してしまいました。
今の私の置かれている状況下では最期のセリフはあまりにも意味のある言葉です。
何回観てもいいです。
トラバ致しました。
よろしくお願いいたします。

投稿: ソナチネ | 2009年6月28日 (日) 20時14分

こんばんわ。コメントありがとうございます。この作品はほろ苦い青春ドラマの傑作だと思います。久石さんの切なくて、疾走感のある音楽もこの映画の雰囲気をよく捉えている名スコアだと思います。

投稿: アシタカ | 2006年8月 9日 (水) 22時05分

TBありがとうございます♪
私もこの作品大好きです。
若いっていいなぁって感じですね。
久石譲の音楽もすばらしかったです!

投稿: 奈緒子と次郎 | 2006年8月 7日 (月) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/11230253

この記事へのトラックバック一覧です: 『キッズリターン』この映画を見て!:

» キッズ・リターン #9 [映画のせかい]
どうしようもない高校生が、挫折の中で成長していく姿を描いた作品。高校卒業から2-3年の話だと思われるが、実際の撮影も長期間だったようで、出演者が劇中の時間軸と共に成長していく。 シーンの切り替えが早く、テンポ良く物語は進んでいく。主人公のシンジとマサルはもちろん、脇を固める人たちが実に魅力的である。喫茶店のお姉さんにアプローチし続けるいじめられっ子、地道に活動する漫才師志望のコンビ、悪気があるのか無いのか若手の芽を... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 14時14分

» キッズ・リターン [しーの映画たわごと]
北野武監督映画は好きである。 特に、自身も役者として主演する映画は好きである。 この作品に彼は出演していない。(よね?) 役者としての演技がうまいとかとは感じないが、雰囲気が良いのかブラウン管に慣れ親しんだ人だからなのか、悪い印象はない。... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 15時48分

» キッズ・リターン <1996年:日本> [映写性ネタバレ廃棄物]
「マーちゃん・・・オレ達、もう終わっちゃったのかな・・・?」 「バカヤロウ、まだ始まっちゃいねぇよ」 ここであのテーマ曲が流れる。 有名なシーンである。 そして今、自分もこのストーリーを二回繰り返せるくらいの年齢になって、 改めて北野武の凄さ、久石音楽の凄さを感じる。 オレがこの作品を長らく怖がっていたのは、自分自身が圧倒的にこの作品に登場するシンジ(安藤政信)、マサル(金子賢)の側の人間である事に薄々気づいていたからだ・・・。 オレはこの映画は非常... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 19時18分

» キッズ・リターン [音楽と日々の日記 by edge-242]
「座頭市」で第60回ベネチア国際映画祭「監督賞」を受賞した北野武監督の第6作キッズ・リターン。 北野武監督の映画は好きでよく見るんですが、一番印象深かったのはこのキッズ・リターンです。 シンジとマサルの2人は高校時代の友人。ヤクザに憧れるマサルはケンカに強くな..... [続きを読む]

受信: 2006年8月 5日 (土) 19時56分

» キッズリターン [葉っぱと花と心地よい暮らし]
「キッズ・リターン」北野 武 監督作品深夜のテレビでやっていて、久しぶりに観返してしまった。最初は映画館で観たのだけれど、まだこの頃は「北野作品」も単館で小さな映画館だった。だからこそ、なのか案外お客さんが入ってた。高校生の男の子が主人公でというよりも...... [続きを読む]

受信: 2006年8月 6日 (日) 22時56分

» Kids Return [まるっと映画話]
北野映画で一番好き。 久石譲の音楽と共に始まるオープニングと、 ラストの「バ~カ、まだなんにもはじまっちゃいね~よ」が心に残ります。 安藤政信がかわいい。最近の役はちょっと変わった役ばっかりで…。 すごく純粋で、とってもいい演技をしていると思う。 ストーリーは..... [続きを読む]

受信: 2006年8月 7日 (月) 08時24分

» バイク保険について [自動車保険見積センターtrend情報@裕子です♪]
バイクの任意保険に加入している人の割合は、全体の約30パーセントなのだそうです。事故になったら自動車以上に危険なバイク。任意保険の加入をおすすめします。 [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 16時35分

« 『ゲド戦記』映画鑑賞日記 | トップページ | 『ラブ&ポップ』この映画を見て! »