« 『嫌われ松子の一生』この映画を見て! | トップページ | 『28日後』この映画を見て! »

『ポセイドン・アドベンチャー』この映画を見て!

第71回『ポセイドン・アドベンチャー』
Poseidon  今回紹介する映画はパニック映画の傑作であり、明日から公開される超大作『ポセイドン』のオリジナルに当たる作品です。この作品は72年公開当時に大ヒットを飛ばし、その後、ハリウッドでパニック映画がブームとなりました。この映画の後数々のパニック映画がハリウッドで制作されましたが、設定の面白さとシナリオの素晴らしさでこの映画を超える作品は『タワーリングインフェルノ』を除いてないと思います。
 ストーリー:「ニューイヤーズ・イブの夜、米国豪華客船ポセイドン号は、1400人を乗せてアテネに向かっていた。しかし、その時海底地震が発生し、数分後船は大津波にのまれて転覆、天地が逆転した船内からの脱出にスコット牧師を始めとした10人の男女が挑む。」
 この映画を私が最初に見たのは幼稚園の時でした。テレビで放映されているのを家族と共に見ていたのですが、。非常に強いインパクトを残しました。ひっくり返った船のセット、逃げる人を次々と襲う困難、自らの命を犠牲にして仲間を助けようとする人たちの姿など小さいとき食い入るように見ていたのを覚えています。スコット牧師のラストの行動にとても衝撃を受け、自分が同じ立場ならあのようなことが出来るか、子どもながらに悩んだものでした。さらにこの映画を見終わった後はしばらく船恐怖症にもなってしまい、本気で船に乗るのが嫌でたまりませんでした。(『ジョーズ』を見た後も、しばらく海恐怖症になりましたが・・)小学生の時など、用事でフェリーに乗るときに、船底に近いとこにいたほうがいいのではとか、沈んだら船尾に向かわないとと本気で考えていたものでした。私にとって『ポセイドン・アドベンチャー』は小さいときからとても思い入れの深い作品でした。
 『ポセイドン・アドベンチャー』がリメイクされることを知り、久しぶりにDVDを買って見直してみたのですが、今見ても十分面白い映画でした。まだCGや特殊技術が発達していない時代に、ここまで迫力のある映像が撮られていたことに、改めて見て驚きました。特に船の天地が逆転するシーンの迫力は今見てもすごいものがあります。撮影するときはスタントの人は大変だったと思います。またDVDの特典映像を見ると、役者たちがスタントなしで実際の危険なシーンも演じていたようで、撮影は過酷だったそうです。ストーリーも無駄なシーンが一切なく、アクションシーンの中に濃厚な人間ドラマが展開されており、シナリオの上手さに感心しました。脱出する10人一人一人の個性が丁寧に描きこまれ、ストーリーに反映されているので、見る側も登場人物に感情移入がしやすいです。またストーリーの背景には旧約聖書に記されるモーゼがエジプトからユダヤの民を脱出させる話しがベースにあり、単なるパニック映画にはない奥深さがあります。特にベル婦人がスコット牧師を助けるために水の中に飛び込むシーンと、スコット牧師のラストのシーンは人間ドラマとして最高の見せ場であり、涙なしでは見られません。この映画を改めて見ると、最近の超大作映画が映像の迫力の割りに中身が薄いなと思いました。
 一昔前の作品ではありますが、この作品は完成度の高い娯楽映画であり、今見ても楽しめるものとなっています。リメイク版『ポセイドン』が公開された今、オリジナルの『ポセイドン・アドベンチャー』もぜひ見てみてください!

製作国・地域 アメリカ
上映時間 117分
監督 ロナルド・ニーム 
原作 ポール・ギャリコ 
脚本 スターリング・シリファント 、ウェンデル・メイズ 
音楽 ジョン・ウィリアムズ 
出演 ジーン・ハックマン 、アーネスト・ボーグナイン 、レッド・バトンズ 、キャロル・リンレー 、ロディ・マクドウォール

|

« 『嫌われ松子の一生』この映画を見て! | トップページ | 『28日後』この映画を見て! »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

アクション映画」カテゴリの記事

人間ドラマ映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます。この作品は私にとって思い出深い作品です。リメイクされることを知ったとき、何でこの作品をわざわざするのだろうと思ってしまいました。それにしても最近のハリウッドは映像をグレードアップさせただけのリメイクばかりで面白くないですね。

投稿: アシタカ | 2006年6月 4日 (日) 10時51分

アシタカさん、おはよーございます♪♪♪

どうも噂によると、
リメイク版はCGやセットは凄いけど、
ドラマの部分は至って弱いらしいですね。
仰る通り、この作品は今観ても、
決して色褪せない感動を与えてくれる傑作だと思うです。
返礼トラバさせてくらさいませ!

投稿: カゴメ | 2006年6月 4日 (日) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/10368126

この記事へのトラックバック一覧です: 『ポセイドン・アドベンチャー』この映画を見て!:

» 『ポセイドン・アドベンチャー』 [Document_Not_Bound...]
昔はテレビ放映の度に必ず観ていたこの映画。最後に観てから十年以上が経ち、今回、... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 00時31分

» ポセイドン・アドベンチャー [samuraiの気になる映画]
当時パニック映画ブームで「大地震」「タワーリング・インフェルノ」とか、なかなかな作品が公開されました。今回はその中から「ポセイドン・アドベンチャー」について少し。 豪華客船ポセイドン号が大津波を受け、横転してしまいます。大多数の人々が船首に向かう中、ジーン・ハックマン演じる牧師ら数人は船尾に向かって行きます。彼等の脱出行は成功するのか? 全てのものが天地逆転した空間が異様でした。特にトイレの場面で男性用便器が天井に並んでるシーンは笑ってしまいました。最近は悪役が多いハックマンですが、この... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 00時56分

» ポセイドン・アドベンチャー [ゴロゴロしあたー]
タワーリング・インフェルノと並ぶパニック映画の最高峰、だと思う。 タワーリングより先に制作されているだけあって、多少ドラマ・スケール部分でこなれていない感じもするけど、より親しみやすい作品に仕上がっている。 地震により発生した津波により豪華客船が転覆。 その後の人々の生死を分かつドラマが展開される。 主役の牧師ジーン・ハックマンと対をなすコワモテ刑事アーネスト・ボーグナイン。 この2人が対立しあいながらも助かるために協力していく。 その周囲の人々とのやり取りが非常に人間的で、自分もそ... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 04時50分

» 『ポセイドン・アドベンチャー』(1972) [【徒然なるままに・・・】]
大晦日の夜、カウントダウン・パーティーの最中に、豪華客船ポセイドン号は海底地震によって発生した大津波に飲み込まれ、転覆してしまう。生き残った乗客たちは、上へ上へと”船底”目指してサバイバルを繰り広げるという、もうじきリメイク版も公開されるポール・ギャリコ原作のパニック映画。豪華なキャストと上下逆さまになったセットが見所だ。 10年位前に一度見ているはずなのに全然記憶になく(苦笑)、でもその分楽しく見ることが出来た。 上映時間は2時間弱しかないが、始まって1/4で船は転覆。後はひたすら脱出行を描い... [続きを読む]

受信: 2006年6月 3日 (土) 08時12分

» ポセイドン 〜前作が傑作だっただけにどうしても・・・ [シカゴ発 映画の精神医学]
 「ポセイドン」は、1972年の「ポセイドン・アドベンチャー」のリメイクである。「ポセイドン・アドベンチャー」と言っても、最近の若い人は見たことはないだろう。「ポセイドン・アドベンチャー」は、私にとっては、特別な作品である。中学生の頃、テレビ放映で見たが、号泣したのを今でもありありと記憶している。... [続きを読む]

受信: 2006年6月17日 (土) 12時24分

» 「ポセイドン」大味だけど楽しめる [soramove]
「ポセイドン」★★★ ジョシュ・ルーカス、カート・ラッセル、エミー・ロッサム主演 ウォルフガング・ペーターゼン 監督、アメリカ、2006年 あんな大津波が来るのが何故分からなかったんだろう、 まあ、昔はそうだったんだろうな。 そんなふうに設定を飲み込ん...... [続きを読む]

受信: 2006年6月27日 (火) 07時42分

« 『嫌われ松子の一生』この映画を見て! | トップページ | 『28日後』この映画を見て! »