« 『プライベート・ライアン』この映画を見て! | トップページ | 『ブレード・ランナー~ザ・ベリー・ベスト・オブ・ヴァンゲリス』 »

『茶の味』この映画を見て!

第61回『茶の味』
見所:「田舎の美しい風景の中で展開される変な家族の物語」
taste_of_tea  今回紹介する映画『茶の味』は最近私が観た日本映画の中でも特にお気に入りの作品です。監督は『鮫肌男と桃尻女』『PARTY7』などを撮り、一躍有名になった石井克人。彼は『キル・ビル1』のアニメパートのキャラクター設定や作画を担当していることでも有名です。彼の映画の持ち味はポップでシュールな映像と独特なユーモアのセンス、切れと勢いのある演出です。しかし、今回紹介する『茶の味』は今までの石井作品とはひと味違う作品となっています。もちろんシュールな映像や独特のユーモアセンスはこの映画でも健在ですが、全体を通して、とてもほのぼのまったりとしたゆるい世界が展開されていきます。
 ストーリー:「春野家の家族は皆、他人には言えないモヤモヤを心に抱えている。内気で囲碁好きの長男、ハジメは転校生のアオイに一目ぼれする。また妹の幸子は、ときどき巨大な分身が勝手に自分の前に出現することを悩んでいた。専業主婦の母親、美子は、アニメーターに現場復帰するため奮闘中。父ノブオはそんな妻に取り残された感じの片田舎の催眠治療士。いつも自由な変人オジイ、アキラ。元カノにヒトコト言えずに、橋の上を行ったり来たりの叔父さんアヤノ。皆どこかヘンだけど愛おしい春野一家のピースな物語!」
 この映画はある家族の日常を描いた作品ですが、特に大きなドラマは展開しません。春野家の面々のありふれた日常の中での些細な出来事を淡々と描いていきます。日常の中での些細な出来事に一喜一憂する生活。そんな生活を暖かく愛おしく見つめていく作品です。
 しかし、ただ淡々とした家族の日常生活が描かれている訳ではありません。家族の日常の中に突然非日常的なエピソードが割って入ります。頭にうんこの載ったヤクザの幽霊、ロボットコスプレマニアの若者たち、川辺でダンスする男など強烈なキャラクターやエピソードが次々と出てきます。また春野家の幸子が見る巨大な自分の姿のシーンやオジイ・アキラが「山よ」を唄うシーンはとてもシュールな映像で見る者を魅了します。この映画はありふれた日常の裏に潜む非日常的な世界やありふれた人々の心の中に持っている他の誰にも説明しがたい独特な世界の存在を気付かせてくれます。
 この映画は役者たちの演技もとても魅力的です。特に浅野忠信と我修院達也の演技は印象に残ります。浅野のあまりにも自然体な演技はいつ見ても上手いなと思います。特に元カノに久しぶりに会うシーンは切なかったです。また我修院達也演ずるオジイの演技はとても強烈で一度見ると忘れられません。オジイの歌う「三角定規」は最高でした。また幸子を演じる坂野真弥もとてもかわいいく、見る者の心を和ませます。さらに脇役もとても豪華で、SMAPの草薙剛や『エヴァンゲリオン』監督の庵野秀明、寺島進、樹木希林、和久井映見などが出演しています。
 この映画は日本の田舎の美しい自然がとても綺麗に撮影されています。特に緑の色彩がとても美しく、見る者の心をいやしてくれます。また反面CGを駆使したシュールな映像やアニメの映像なども挿入され、見る者の心を刺激してくれます。音楽もまったりとしたテンポの曲で聞いていて心地よく、この映画の世界観を見事に表現しています。
 この映画を見ると、とても暖かい気持ちになれます。そして「みんな同じ空の下で、いろんなことを感じながら淡々とけなげに生きているんだなあ」という思いを抱くと思います。ぜひ、このユニークで不思議な家族のドラマを見てみてください!
 
製作年度 2003年
製作国・地域 日本
上映時間 143分
監督 石井克人 
原作 石井克人 
脚本 石井克人 
音楽 リトルテンポ 
出演 佐藤貴広 、坂野真弥 、浅野忠信 、手塚理美 、我修院達也 、三浦友和、手塚理美、土屋アンナ

|

« 『プライベート・ライアン』この映画を見て! | トップページ | 『ブレード・ランナー~ザ・ベリー・ベスト・オブ・ヴァンゲリス』 »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

人間ドラマ映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBありがとうございます。お返しのTBを何度も繰り返したのですが、うまくいかなくてすみません。

投稿: ケント | 2006年3月19日 (日) 11時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/9146279

この記事へのトラックバック一覧です: 『茶の味』この映画を見て!:

» DVD「茶の味」 [☆ 163の映画の感想 ☆]
なんともいえず、ほんわかとしたストーリーの流れが良かったです! 日常的なことと、非日常的なことの組み合わせがちょうどいい感じでした。我修院達也が出ているので、おふざけ感があるかと思いきや他の俳優さんたちの好演がまた良くて見入ってしまいます。 何気ない...... [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 22時53分

» 茶の味 [ミナミコスモス]
茶の味 クスっと笑える小話でした。 寒いとこもあったけど 全体的にぬるい雰囲気で嫌なかんじがしないです。 ハジメの恋話はなんかよかったねぇ。 幸子もかわいーなぁ。 わたしはダンサーのダンスに夢中でした。 最後のスケッチブックもかわいいし。 だけどわたしには143分は長すぎました。 風景が地元みたいだったよ。 ... [続きを読む]

受信: 2006年3月18日 (土) 23時36分

» 茶の味 [いつか深夜特急に乗って]
「茶の味」★★★★ (盛岡フォーラム3)2003年日本  監 [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 06時11分

» 茶の味 [アンチ・ハレルヤ♪]
いつも借りられてたのよねぇ、これ。 ようやく観ることができた。 良いですよ!良い!こうゆうの大好き♪ (ま、良いと思えるのしか記事にしないからね…あたし) まず子役の「坂野真弥」ちゃんのシュール具合がよろし♪ なかなか良いモノ持ってますこの子、はい。 (... [続きを読む]

受信: 2006年3月19日 (日) 21時24分

» 『茶の味』 [いつか どこかで Sometime Somewhere]
石井克人監督/日本 2004年カンヌ国際映画祭 監督週間オープニング作品 ひさしぶりにみました、こんなに優しい映画。 オススメされてみてみたら、私もオススメしたくなりました! はじめから終わりまで、ゆル〜い流れがとても心地いいです。 おもわずぷぷっと笑えたり、じわ〜っと目頭があつくなったり・・・。 なんともいえない「間」が、かなりイイ味だしてます。 皆様もぜひ! 心あたた... [続きを読む]

受信: 2006年3月20日 (月) 16時19分

« 『プライベート・ライアン』この映画を見て! | トップページ | 『ブレード・ランナー~ザ・ベリー・ベスト・オブ・ヴァンゲリス』 »