« 「ピーター・ジャクソン」私の愛する映画監督 | トップページ | この映画を見て!「シザーハンズ」 »

この映画を見て!「ギルバート・グレイプ」

第13回「ギルバート・グレイプ」
見所:ジョニー・ディップ、レオナルド・ディカプリオの演技と静謐で詩的な映像

ギルバート・グレイプ

この映画、私が高校の時に劇場でみて、とても印象に残った映画で、久しぶりにDVDで再見したのですが、改めて素晴らしい映画だと再確認しました。

ストーリー:「アメリカのエンドーラという小さな田舎町。その街で食料品店に勤めながら、家族と暮らす主人公のギルバート・グレイプ。彼は家族を守るために、自分の人生を捧げている。彼の父は家で自殺をして、母はそのショックで過食症になり、体重が250キロになり家に引きこもっている。弟アニーは知的障害をもち、まもなく18歳になろうとしている。ギルバートの生活は家族を支えることで精一杯の毎日だった。
 そんなある日、アメリカをトレーラーハウスで移動して暮らしている一団が街を通りがかり、そのトレーラーの1台が故障して、しばらく町の外れに滞在することになる。そのトレーラーに乗っていた女性ベッキーと出会うギルバート。彼は彼女の自由な生き方に憧れ、恋に落ちる。彼は始めて家族を守る自分以外の自分を見つけるが、家族から離れることもできず、悶々とした日を送る。しかし、彼の家族に大きな転機が訪れる。」

 ストーリーはとても地味ではありますが、とても心に深く響くものがあります。周囲の環境で自分の人生を思う通りに生きられない人にとって、この映画はとても共感できるものがあると思います。家族を守るために、自分の人生を捧げる主人公の姿は見ていて、とても切なくなります。こういう境遇の人は、たくさんいると思うのですが、私もかつてそういう生き方をしていたので、見ていて胸苦しくなる場面が多かったです。自分の人生あきらめているけど、どこかであきらめきれなかったり、家族を時にうっとうしくおもいながら、家族を愛しているが故に見捨てることもできない、揺れ動く気持ちを暖かな眼差しで捉えている映画です。(ここから少しネタバレです)だからこそ、この映画のラスト、主人公が新たな人生に向かっていくシーンはとても爽やかな心晴れる気持ちになりました。
 この映画の見所はジョニー・ディップ、レオナルド・ディカプリオの演技です。まず主人公のギルバートを演じるジョニー・ディップ。この映画の彼の演技は素敵です。、主人公の優しさが故の哀しみ、苛立ちがとても伝わってきます。また知的障害をもつアニーを演じたレオナルド・ディカプリオ。彼はこの映画で若くしてアカデミー賞の候補にもなったのですが、とても上手です。知的障害を持つ人の姿をナチュラルに演じています。おそらく彼の出演作の中で一番いい演技をしています。また他の出演者たちも素敵な演技をしています。特に250キロ体重がある母親役を演じた人は、かつて肥満を苦にして5年間外出恐怖症になった経験のある人だそうで、リアリティーのある演技をしています。
 映像もとても美しいです。主人公をとりまく自然の風景をとても美しく捉えています。少し離れたところから主人公たちの姿やドラマを捉えるシーンが多いのですが、それが優しく厳かな雰囲気を映画に与えています。

 家族愛と、家族を愛するが故の苦しみや哀しみ、そして生きる希望が伝わってくる素敵な映画です。是非、見てみてください。

製作年度 1993年
製作国・地域 アメリカ
上映時間 117分
監督 ラッセ・ハルストレム 
製作総指揮 ラッセ・ハルストレム 、アラン・C・ブロンクィスト 
原作 ピーター・ヘッジズ 
脚本 ピーター・ヘッジズ 
音楽 アラン・パーカー 、ビョルン・イシュファルト 
出演 ジョニー・デップ 、ジュリエット・ルイス 、メアリー・スティーンバージェン 、レオナルド・ディカプリオ 、ダーレン・ケイツ 

|

« 「ピーター・ジャクソン」私の愛する映画監督 | トップページ | この映画を見て!「シザーハンズ」 »

この映画を見て!~お奨め映画紹介~」カテゴリの記事

人間ドラマ映画」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

当方と違って、とても素敵な文章で恥ずかしいですが、TBさせていただきました。

投稿: ちゃっく | 2005年12月22日 (木) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105630/7774374

この記事へのトラックバック一覧です: この映画を見て!「ギルバート・グレイプ」:

» ギルバート・グレイプ [下北沢逆・単物語。]
最近「チョコレート工場のなんたら」で話題のジョニーデップ。 シザーハンズを始めとして奇抜・ちよっと変わった役柄が多いけれど、 思い出したのが、この「ギルバートグレイプ」。 この映画の出演者の中では、一番普通な人かもしれない。 何年ぶりだろうか。 DVDを借りて観た。 とくだって何も特徴も無く、大きな変化の乏しい片田舎町で過ごす青年。 既に自殺してしまった父親、家を出ていった兄に代わり家庭を守っていかないと いけないという中で、知的障害を持つ弟、陸に打ち上げられた鯨のような..... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 19時06分

» ギルバート・グレイプ [しーの映画たわごと]
ギルバート・グレイプ監督:ラッセ・ハルストレム出演:ジョニー・デップ , ジュリエット・ルイス , レオナルド・ディカプリオ , ダーレン・ケイツStoryアメリカ中西部の田舎町を舞台に、よろずやの店員がトレーラーハウスで祖母と旅を続ける....... [続きを読む]

受信: 2005年12月22日 (木) 20時38分

« 「ピーター・ジャクソン」私の愛する映画監督 | トップページ | この映画を見て!「シザーハンズ」 »